人気ブログランキング |

バリ島の想い出・・・徒然なるままに(1)

ご無沙汰しておりますが、みなさん、特に変わりはありませんか?
どうです、とっても気持ち良さそうなプールでしょう?
d0125535_1949653.jpg
 (スミニャックにあったホテル インペリアル:帝国ホテルの森のプール)

今回は「バリ島の想い出」と称してお送りしますが、残念ながら最近行った訳ではありません。
ただ、最近本やTVなどで目にする機会も多く、なんとなく呼ばれている感じもして。
あたらしい現像ソフトで過去の写真を修整する機会があったので、
バリ島特集を組んでみようかと思った次第です。
ついては、今回から何回かに掛けて、順不同、徒然なるままにお届けしたいと思います。
d0125535_17464599.jpg
 (昼食で立ち寄ったブッキジャンブルの見晴らし台からの眺め)

1990年に当時勤めていた会社の社員旅行(バブル絶頂期・・・歳がばれるね)で
初めてインドネシアのバリ島を訪れてから、1995年、96年、97年、99年、2000年、
01年、02年、03年、04年、05年と僕は11回・・・
うーむ、ほとんど毎年バリ島に行っていました。
d0125535_18101768.jpg
 (ホテル インペリアルのハス池に咲いていた睡蓮)

そこまでバリ島に“はまった”理由・・・それは友人達との出逢いもありますが、
それ以上にバリ島以外では感じることが出来ない何か、言葉にならない何かを
僕ら自身が感じていたからかもしれません。
d0125535_1904617.jpg
 (Bentuyung:ブントゥユン村のJegoge:ジェゴク奏者)

それはバリ島に今も根付いているガムランやケチェックダンスといった伝統芸能からも、
海岸沿い、クタビーチから続く繁華街の喧騒や刹那的な雰囲気からも、
一面の緑、広大なライステラス(棚田)に吹く風からも、
プールの水面に映る樹木越しに差し込む強い光による色彩からも、
感じ取ろうと思えば感じられる・・・そんな空気感だったのかもしれません。
d0125535_192082.jpg
 (スミニャックからクタ南端のラマダ・ビンタン・バリ・ホテルまでジャランジャラン・・・)

確かにバリ島は不思議な島です。
自分の状態(精神、身体)が弱っている時はとことん悪くなる気がするし、逆に
バリ島と自分の波長がシンクロすればとことん楽しめるし、いろんなことに出逢える。
バリ島のリピーターになるか、1回きりの旅行者になるかはそんな感じで決まるのかも
しれませんね。
僕の弟夫婦にバリ島の良さを写真や話で勧めて行ってもらってみたものの、
楽しかったとは言ってもらえましたが、彼らは一度きりの旅行者になってしまいました。
聞けばあまり良いとは言えないことも多々あったようで・・・
d0125535_18582279.jpg
 (ホテル インペリアルのハス池)

今の世の中では明確に区分されてしまっている
善と悪、白と黒、陽と陰、神と悪魔、生活と信仰・・・それらが混在して今も島のここそこに、
そして人の心にもある。それがバリ島の面白さなのかもしれません。
d0125535_193240.jpg
 (満月と新月の夜にしか行われないアルマのケチャ)

そんなバリ島の雰囲気をこれからご紹介して行きたいと思いますが、
バリ島の空気感が伝わって、興味を持ってもらえれば嬉しい限りです。
海のリゾートには町歩きや買い物の楽しみ、ナイトクラビングにサーフィン。
山のリゾートには涼しい風、可愛い雑貨達、伝統芸能、アート鑑賞にトレッキング。
・・・楽しみ方はあなた次第、あなたならまず何をしてみますか?
d0125535_197820.jpg
 (ホテル インペリアルのプールで、プルメリア)

なお、写真は2002年5月の旅以降のものを使用していますが、当時のカメラはデジカメ
出始めのものだったりして、中には画質的に鑑賞に堪えないものもありますがご了承のほどを。
(使用機材:NIKON Coolpix E950、E5400をSILKYPIXで再現像処理)
今と比べて機材のスペックは確かに劣っているけれど、写真の構図やモチーフ、色彩感、
切り取ろうとした何か特別なもの・・・その辺は今と変わっていないと思います。
肯定的に考えれば良いことですが、逆から見れば何で撮っても一緒・・・進歩なしってこと?
d0125535_10442673.jpg
 (ホテル インペリアルのプールで、太陽の反射と波紋)

ま、その辺はあまり深く考えないようにして・・・お付き合いください。
本当は銀塩フィルム時代の写真もご紹介したいのですが、フィルムからの取り込みが
思うような結果を出せないのでこれはまたいつか実現したいと思います。
それから、行った場所、お店などの情報は過去のものなので、出掛けられる際は最新の
ガイドブックなどを購入して確認されるようお願いします。
d0125535_202253100.jpg
 (クタビーチのとろけるような夕陽)

それでは次回からもお楽しみに!

広告が入ってしまい申し訳ありません。(無視しちゃってくださいね)

  by iwakura-t | 2010-09-20 17:00 | バリ島の想い出

<< Super Acrylic Skin バリ島の想い出・・・徒然なるま... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE