人気ブログランキング |

初秋の横浜 異国情緒をお伝えします

初秋の横浜 異国情緒をお伝えします・・・ということで、
11月5日に仕事を兼ねて横浜をぶらっとして来ました。

d0125535_17101154.jpg

大桟橋から眺めるみなと未来地区の夜景。
観覧車の手前、赤く見えるのが赤レンガ倉庫です。

仕事の内容は、来年4月入社予定の学生さんを会社に呼んで、内定式なるもの
をやるのが一般的な会社の行事なのですが、それではあまりにも事務的すぎるのでは?
という意見から、現在うちの会社が建設中の現場を見学した後、横浜周辺を散策し、
中華街で中華料理を食べるという会になりました。
なので・・・わたくし、ガイドさん(ツアーコンダクター?)的なことをさせてもらいました。

まずは、JR根岸線石川町駅から大丸谷坂を登りきり、「山手イタリア山庭園」を目指します。
d0125535_1742737.jpg

こちらは庭園内にある「外交官の家」です。
d0125535_1743516.jpg

ステンドグラスや暖炉など、そこかしこに異国情緒が漂います。
神戸の異人館に比べると規模は小さいけれど・・・
d0125535_1744515.jpg

ちょうどフラワーアレンジメントの企画があったようで、お花も楽しむことが出来ました。
d0125535_1745014.jpg

ちょうど良い感じに光が入って、額アジサイの白い花弁が映えます。
紫のテーブルクロスがアクセントで効いていますね。
d0125535_1754673.jpg

こちらはテーブルセッティング・・・少し和風にアレンジされているのでしょうか?
お正月のような印象を受けます。
d0125535_175542.jpg

2階への階段の踊り場、何となく雰囲気がありますね。
d0125535_1755970.jpg

こちらのアレンジメント、紅葉したカエデや桜の葉物に秋の気配を感じます。
d0125535_176570.jpg

秋の夕陽が映しだすシルエット・・・やわらかい雰囲気ですね。
窓枠が額縁のような効果を演出してくれました。
d0125535_1761020.jpg

ちょっとビビットなアレンジ、おもしろい花器を使っていますね。
d0125535_1761672.jpg

白い壁に窓からの光線が雰囲気を出しています。
d0125535_1764910.jpg

書斎・・・どんな感じの方が使っていたのでしょうか?
d0125535_1764322.jpg

先程の額アジサイ・・・お皿にも特徴がありました。
d0125535_1763815.jpg

イチョウはすでに黄色くなり始めています。
北海道 室蘭から参加してくれた学生さんは銀杏の臭さを嗅いだ事がない・・・
ということだったので、山下公園周辺で胸いっぱい吸い込んでもらいました。
d0125535_1762835.jpg

フェリス女子学院の前を通り、外国人墓地まで到着しました。
遠景にランドマークタワー(みなと未来地区)が・・・。
d0125535_177225.jpg

夕陽をバックに。
d0125535_1774777.jpg

港の見える丘公園から暮れゆく空、ベイブリッジを。
d0125535_1775948.jpg

フランス山公園を抜けて、山下公園へ。
リニューアルされて多少見れるようになったポートタワー。
d0125535_178752.jpg

夕焼けを映しこんだ横浜港の水辺。
d0125535_1782277.jpg

ここからは横浜観光のお勧めスポット・・・「ホテルニューグランド」の2階。
入場はもちろん無料、歴史と異国情緒たっぷりの空間が広がります。
d0125535_179533.jpg

今年で開業83年迎えるこのホテルの歴史に興味があれば、リンクをたどってください。
http://www.hotel-newgrand.co.jp/img/80th_history.pdf
d0125535_1784680.jpg

山下公園に面した大きな窓から薄暗いラウンジに光が差し込みます。
d0125535_1791792.jpg

デザインのかなりの部分に和風のテイストが含まれています。
d0125535_1710123.jpg

 「山下公園通り(主要地方道山下本牧磯子線)をはさんで山下公園の真向かい、中華街に
 通じる横道を従えて1区画を占めている横浜のランドマークである。名称は公募によるが、
 関東大震災で倒壊し廃業した、横浜を代表する外国人向けホテルであったグランドホテル
 にちなんでおり、地理的に同ホテル跡地と近接していたこともあり、海外客に対し実質的
 後継館であることを謳う狙いもあった。
 震災で横浜の多くのホテルが倒壊したのを受け、横浜市の復興計画の一環として建設され、
 当初は今日で言う第三セクターとして発足した。1927年現在と同じ渡辺仁の設計による
 開業時からの建築は本館として現存しており、クラシックホテルの代表例として名高い。
 開業時から、チャーリー・チャップリン(映画監督)やジョージ・ハーマン・ルース
 (メジャーリーグ選手)といったスター、皇室や英国王室といった賓客が数多く訪れている。
 また、1945年に来日直後のマッカーサーが滞在したことでも知られている。
 マッカーサーは第二次世界大戦前、新婚旅行でもこのホテルに滞在している。
 ホテル料理人の源流のひとつでもありドリアや、ナポリタン、プリンアラモード等の料理を
 生み出し、日本人の食文化に大きく影響を与えた。」 wikipediaより
d0125535_1795168.jpg

写真はありませんが、1階の喫茶室も雰囲気があって落ち着ける場所です。
d0125535_1793998.jpg

この明るさと照明、ブルーの差し色が僕は大好きです。
d0125535_1792968.jpg

建築学科卒以外の学生さんたちはあまり興味はないようでしたが・・・

今回は3時間程度しか時間が取れなくて残念でした。
横浜にある会社に勤める以上、最低これくらいは見ておかないとね。

最後はみなと未来地区の夜景でお別れです。
d0125535_17102097.jpg

では、また。

次のページ> で 2010年秋 神代植物公園からバラとダリアの共演につながります。

  by iwakura-t | 2010-11-06 18:00 | 10年秋から11年春

<< 晩秋の那須高原 神代植物公園で秋の気配を (な... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE