人気ブログランキング |

波打ち際・・・泡

暖かいところを好むことから・・・冬場は中々写真を撮りに出ることも多くなく、新しい写真でなくて申し訳ないのですが、今回は波打ち際にこだわってみたいと思います。
d0125535_15463333.jpg

これはバリ島クタビーチの友人達と海
(大潮に満潮とうねりが重なって大騒ぎだった午後のワンショット)
d0125535_15503564.jpg
今回は波打ち際でも特にこの「泡/あわ/Soup」を集めてみました。
d0125535_15504741.jpg
同じようなものでも波が創る偶然のタイミングによって、同じ形は二度とありません。
d0125535_15505884.jpg
その日の天候や時間帯、季節によっても色も変わって見えるし
d0125535_1551852.jpg
砂浜自体の色によっても感じが変わります。
d0125535_15511756.jpg
狙ってみると結構動きが速くて、しっかりとそのタイミングをとらえるのは難しいものです。
d0125535_15512951.jpg
予測も必要ですが、たまにはこんな動きのある一瞬を切り取ることもできます。
d0125535_1551418.jpg
海の中から狙ってみたり・・・
d0125535_15515114.jpg
真上から狙ってみたり・・・
d0125535_1552295.jpg
波が引いた後も結構面白かったりして
d0125535_15521156.jpg
ファインダーから目を離せなくなります。
d0125535_15522446.jpg
お酒を飲む方なら、ビールの泡を連想するかもしれないですね。
d0125535_15523319.jpg
きれいな泡に出逢える確率ってどれくらいなんでしょうか?
d0125535_15524545.jpg
でも、やっぱり砂浜が白くて美しい波打ち際がベストですね・・・ここは沖縄の瀬底島。
d0125535_15525513.jpg
こちらは宮古島から渡った伊良部島の広くて美しい波打ち際。
d0125535_15531891.jpg
押し寄せて来て・・・動きを止めて・・・さぁーっと引いていく一瞬。
d0125535_15532840.jpg
大きな大きな海という存在の一番さきっぽ、海ではない物との境界線。
d0125535_15533890.jpg
その波は果てることなく、くり返し、くり返し・・・寄せては返し
d0125535_15534814.jpg
波打ち際を洗っていく
d0125535_15535717.jpg
いろんな色に染まりながら、今日も、明日も。
d0125535_1554824.jpg
泡の立たない凪の日もあるけれど。

  by iwakura-t | 2009-01-28 15:54 | 波打ち際

<< 伊勢河崎のCafe モナリザ 波打ち際・・・夕陽 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE