人気ブログランキング |

パティスリー・ルイ、宮原線の遺構


パティスリー・ルイ
 
ここが今回の旅のメインとも言える素敵なケーキ屋さんです。

d0125535_1658116.jpg

小国町から少し北に向かったちょっと場所的に分かりづらいところにあるのですが、
迷ってでも絶対に行くべきだと強く思います。

こんな丘の上に佇んでいます。

d0125535_17148.jpg

前回、偶然出会ってからあこがれ続け・・・

d0125535_1722149.jpg

実は今回、2日に亘って通ってしまいました。

d0125535_173033.jpg

2日目はなんと11時のオープンと同時に入店!

d0125535_1732378.jpg

それでもまだまだ食べてみたいケーキがたくさんあって・・・困りますね。

d0125535_173526.jpg

お店は以前音楽ホールだった建物を改装したとのことで、
ぜいたくな空間と景色もケーキと一緒に味わえます。

d0125535_1751272.jpg

ご近所にあったら・・・毎日行きたいくらい、見た目も味も文句なしのパティスリーです。

d0125535_177160.jpg

ケーキばかりではなく、飾り付けとホール担当の奥さまが丁寧に入れてくれるコーヒーも
とても美味しいです。

d0125535_1793634.jpg

パティスリー・ルイ
 住所:熊本県阿蘇郡小国町北里356 (目印は「木塊館」です)
 電話:0967-46-3940
 営業期間:3月から12月までの10か月間、しかも土、日、月曜日と祝日のみ営業


宮原線の遺構

d0125535_19353851.jpg

肥後小国地区に残る国鉄宮原線の遺構も人工物ながら、見る価値はあると思います。

d0125535_19361748.jpg

ここは偶然見つけた山川温泉への入口にある堂山橋梁、汐井川橋梁です。
山間いに見え隠れするトンネルとアーチ橋に風情を感じます。

d0125535_19364489.jpg

朽ちていく構築物、コンクリートと植物、どことなく郷愁を誘う感じです。

d0125535_1937787.jpg

廃線の一部はマウンテンバイクのコースにもなっているようです。
傍らに咲く野アザミと・・・。

d0125535_19373059.jpg

「宮原線(みやのはるせん)は、大分県玖珠郡九重町の恵良駅から熊本県阿蘇郡小国町の
肥後小国駅までを結んでいた、国鉄の鉄道路線である。
1980年の国鉄再建法の施行を受け、第一次特定地方交通線として1984年に全線が廃止された。
なお、線名の宮原(みやのはる)とは、終点の肥後小国駅のある阿蘇郡小国町の字名である。」

d0125535_19375095.jpg

北里駅跡公園・・・草刈の休憩中でしょうか、地元のお年寄りが楽しそうでした。
「失礼します」と声をかけてからカメラを構えると・・・
「美人に撮って!」「やだ、パンなんか食べてるとこ!」といっそうにぎやかに。

d0125535_19382194.jpg

列車が走っていればそれなりに便利であったと思われますが・・・
今はまさに「道の駅」ですね。

d0125535_19395566.jpg

この辺りですれ違った中学生の女の子をはじめ、皆さん単なる旅人の
私たちにもちゃんと挨拶をしてくれます・・・とても気持ち良いです。
(側には北里柴三郎記念館もあるようでした:北里大学創始者)

d0125535_19403131.jpg

この辺りにはまだまだこんな風景がたくさん見られるようです。

d0125535_19414137.jpg

仕事さえあれば、いつでも移住するのになぁ。

次のページ> では「ウラミノタキ」?として有名な「鍋ヶ滝」へご案内です。

  by iwakura-t | 2009-06-13 15:55 | 阿蘇・南小国村09年6月

<< 菊池渓谷からくじゅう高原へ 鍋ヶ滝から満願寺、内牧温泉へ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE