人気ブログランキング |

「ごはん処 かまど」「のほほんcafé ボワ・ジョリ」


阿蘇中岳火口を出て、阿蘇パノラマラインの素晴らしい眺望を楽しみながら
南阿蘇に向かいます。

d0125535_211319.jpg

途中、草千里ヶ浜の背後にそびえる阿蘇五岳のひとつ「烏帽子岳」がきれいに見える
スポットがあります。

d0125535_21493.jpg

反対側は牛の放牧風景・・・
牛が草をはむ音が結構大きくてびっくり。
ワシワシ、ワシワシって聞こえてきます。

d0125535_2153346.jpg

奥には水飲み場を兼ねる池もあったりして・・・心が和みます。

d0125535_2155768.jpg


最終日のお昼は3年連続の登場、南阿蘇の定番 「ごはん処 かまど」 さんです。

d0125535_2194448.jpg

住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松3890
電話番号:0967-62-8110
定休日: 不定休
営業時間:11:30~14:30、17:30~18:30(夜は要予約)

d0125535_21101685.jpg

いつもながらの丁寧な手技のお料理と素敵な器のハーモニーで
美味しい和食を満喫しました。

d0125535_21123837.jpg

子供連れの場合は別室のお座敷にしてもらえるので、大人の味を堪能できます。

d0125535_21144768.jpg

もちろんかまどで炊かれたごはんの味は最高です。

d0125535_21152077.jpg



さてさて、最後は阿蘇の南斜面を下りきって、さらに田園地帯を越えた
南阿蘇村河陰にある「のほほんcafé ボワ・ジョリ」さんで一息つきます。

d0125535_2121799.jpg

手作りの看板に誘われて店内に入ります。

d0125535_21163136.jpg

すると、初めての来店ながら、かわいいワンちゃんが2匹歓迎に来てくれました。

(写真がなくってゴメンね、こちらは窓際につるされていたクリスタルです)

d0125535_21165962.jpg

お店の雰囲気とおりのかわいらしいオーナーがセレクトした、
好きなものばかりで飾られた店内は明るく外の緑と調和しています。

d0125535_21172926.jpg

なんとも居心地が良くて・・・
天候に恵まれて、美味しい食事と気持ち良い景色を堪能した今回の旅を振り返りながら
ロールケーキセットでまたまた長居してしまいました。

d0125535_21174677.jpg

お店の中を風が通り抜けていて、気持ちが良いです。

d0125535_21181041.jpg

テーブル席に面した窓からは風と一緒にブルーサルビアも顔をのぞかせていました。

d0125535_2129281.jpg

お店の名前は「美しい森」という意味とのこと・・・なるほど、なるほど。

d0125535_21184951.jpg

のほほんcafé ボワ・ジョリ
 住所:阿蘇郡南阿蘇村河陰409-5 あうん窯内
 TEL:0967-67-3016
 営業時間:11:30~18:00 オーダーストップ17:00
 定休日:木曜日 第3金曜日
 駐車場:6台
 席数:14席

以下、「ひごなび」のお店紹介ページから
 全面の窓からは、初夏の新緑や秋の紅葉など移ろう景色を、
 冬は薪ストーブでやわらかな暖かさを楽しめます。
 食材は自家製のものをなるべく使い、ケーキ類は全て手作りです。
 自分が一番気持ちのいい空間を、お客様にも一緒にのんびり過ごしていただきたいです。
http://www.higonavi.net/shop/shop.shtml?s=687

入って左側の角席でゆっくりとくつろがせていただきました。

d0125535_21252390.jpg

また、きっと来ます・・・ぜひ今のままのかわいらしいお店を続けてくださいね。

d0125535_21182760.jpg


熊本空港への帰り道はいつもの俵山峠経由ではなく、
ボワ・ジョリさんから城山方面を経由して県道39号-グリーンラインで
山道を快調に登っていきます。

d0125535_21301638.jpg

南阿蘇村と阿蘇山を振り返りながら・・・

d0125535_21313998.jpg

途中で現れる奇岩、阿蘇の眺望を独り占めしながらの帰り道はストレスフリーで
絶対おすすめです。

d0125535_21331438.jpg

たくさんの湧水と温泉があって、食べ物が美味しくて、なにより景色が良い阿蘇、
小国、くじゅう・・・まだまだ奥は深そうです。

d0125535_21333217.jpg

帰り道のルート

d0125535_2134963.jpg

また来年・・・来るからね。
その前に秋の阿蘇・小国もありかも?この辺、パンも美味しいらしいし・・・

ではでは、また逢いましょう。

  by iwakura-t | 2009-06-13 12:54 | 阿蘇・南小国村09年6月

<< 葉祥明絵本美術館から中岳火口 ハルノハナ 色の宝石箱 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE