人気ブログランキング |

2010年 11月 20日 ( 1 )

 

晩秋の那須高原

晩秋の那須高原 ということで、紅葉の名残から
d0125535_1812636.jpg

今回は11月の最終週の週末で行った一泊二日の那須高原へのShort Tripです。
今年は寒くなるのが遅い=暖かいという地元の人の言葉通り、11月末というのに
那須の山々にはまったく雪がなく、名物の冷たい風も吹かない朗らかな天候でした。
d0125535_184245100.jpg
 (本来、福島銘菓である柏屋の薄皮饅頭、きれいで大きな店舗から茶臼岳方面を望む)

那須に行く目的は・・・あまり確固たる目的はないのだけれど、
快適なホテルでゆったりと良質のお湯につかり、マッサージを受けたり、
薪の燃える香りと音を聴きながら、こだわりのパンをいただいたり、
ゆっくり流れる時間を提供してくれるカフェでお茶を飲んだり。
あとはほんの少し、親孝行を・・・。
d0125535_1846298.jpg


まずはお昼に「NAOZO」さんでベーグルをいただきます。
d0125535_1847312.jpg

ちょうどパンが各種焼きあがったタイミングですね。
d0125535_18472550.jpg

いまから午後1時の予約の山形食パンを焼くのでしょう、窯に薪をくべます。
d0125535_18504824.jpg

見た目にも美味しいそうなリンゴ・・・何のパンに使われるのかな?
リンゴとバターのベイクドケーキがカウンターに置かれていたから・・・きっと。
d0125535_18474433.jpg

今回イートインコーナーでいただくのは、
はいちじくとクリームチーズのベーグルときな粉が掛かった粒あん入りのベーグル、
お相手は暖かいハニーミルク、カフェオレです。
d0125535_18474833.jpg

紅茶&プルーンのベーグルも美味しいです。(今回は見逃しちゃった)
d0125535_18485050.jpg

町の中心からは少し離れた素朴な作りのお店にもかかわらず、いつもパンは予約で一杯。
お客さんもひっきりなしに訪れる人気店です。
d0125535_18561118.jpg

ちょうどいい明るさの中、薪の燃える香りとはじける音が素敵なBGMです。
d0125535_18562614.jpg

せっかくなので我が家も山形食パンを予約して持ち帰りしました。(1本550円也)
今朝いただきましたが、軽やかなのにしっとりとした腰があるとっても美味しい食パンです。
半分はバターだけを付けて、残りはバターと蜂蜜で・・・おすすめします。
d0125535_18563727.jpg

「artisan boulanger NAOZO(ナオゾー)」
 栃木県那須塩原市西岩崎232-454
 営業時間 9:00~18:00
 定休日 木曜日
 TEL 0287-68-0192


d0125535_1935389.jpg
(東急ハーヴェストクラブ 那須の紅葉)


こちらは母親が購入しておいてくれた那須塩原にある「温香(Haruka)」さんのパン。
d0125535_1924834.jpg

すべてにおいて納得できるクオリティの高いパンです。
今回いただいたのはオレンジピールとクリームチーズのパン、ベリーがたくさん入ったベーグル、
栗の甘露煮が入ったごまのパン、そしてクランベリーとクリームチーズのパン。
(こちらは写真を撮る前にいただいてしまいました)
d0125535_1933035.jpg

パンの生地自体がとても繊細で美味しいです。
住宅地の中に移転されたようなので、お店自体はちょっとわかりにくいとのこと。
那須には美味しいパン屋さんがたくさんありますね。ぜひ、次回行ってみようと思います。

「温香(Haruka)」
 栃木県那須塩原市松浦町118-13
 営業時間 10:00~17:00(売り切れ次第終了)
 定休日 毎週水、木曜日
 TEL 0287-62-0395


秋の名残をいくつか・・・
オオムラサキのアップ
d0125535_1973330.jpg

モデルチェンジ前のMini Cooper、枯葉の中をジオラマ風に
d0125535_1975622.jpg

東急ハーヴェストクラブ那須のお庭で・・・池に沈んだもみじ
d0125535_1981366.jpg
ここの朝食バイキングは他のどこのハーヴェストクラブよりも美味しいと思います。


そして「nasu shozo cafe(ナス・ショウゾウ カフェ)」さんです。
d0125535_191831.jpg

そのお店、その空間に身を置くために200km、3時間の目的地へ車を走らせる。
その空間で何をしていても構わない、何もしなくても構わない。
その空間の持つ時間の流れに身をゆだねたら、滞在時間も関係ない。
動きたくなければ動かない、今日は落ち着けないなら早々に立ち去る。
そこで新しい何かを得られることもある、何も得られないこともある。
大したプランなしで往復400km、6時間掛けて車を走らせる理由・・・。
近場では味わえない時間、そして言葉では表現できない何かがそこにあるから。

d0125535_19183944.jpg


「nasu shozo cafe(ナス・ショウゾウ カフェ)」
 栃木県那須郡那須町高久乙2730-25
 営業時間 10:00~18:00 [10~3月]10:00~17:00
 定休日 第1金曜日
 http://www.shozo.co.jp/

d0125535_19305781.jpg


ここからは、shozo cafeの写真とともに素敵なご家族とのお付き合いの話を。

高校1年生の時、担任をされていた先生のお家をここ最近毎年訪ねている。
1年修了時、結婚とほぼ同時に退任され、那須でペンションを始められたのがきっかけ。
高校生の頃、大学生の頃、社会人になった頃とそれぞれのタイミングで訪れて、
昔の話、今の話、身近な話、世間の話などなどを先生と先生の家族と話す。

d0125535_19211970.jpg

すっかり大人になったミホちゃん、小さい頃は本当にしゃべらなかったヒロキ君、
出逢った頃から変わらぬ明るさとフットワークの軽さが自慢の祐さん、そして
いつまでも子供扱いが抜けない薫子先生。
去年からはここにトイプードルのクーちゃんが加わった素晴らしい家族。
お互いに環境が目まぐるしく変わる。

d0125535_19213467.jpg

小さい頃に遊んだというか、面倒を見ていたヒロキ君も今や大学生。
今は薬学の道を目指して、日々大学とバイトに精を出す。
実験動物を意図しないのに死なせてしまうのはちょっと問題・・・。
昔しゃべれなかったことが嘘のように、楽しい話で場をつないでくれる。

d0125535_1922428.jpg

ミホちゃんはいつの間にか大学を卒業し、作業療法士として活躍中。
先月から自宅を出て、ひとり暮らしを始めた。(お母さん似のべっぴんさん)
カレーを食べられないのに、今日もクーちゃんを連れて、わざわざ実家に帰って来てくれた。

d0125535_19223342.jpg

祐さんは専念していたアジアンキッチンの店を凍結し、介護施設のセンター長に。
もうヒロキ君に「ニート」とは呼ばせない。
でも、自分の好きなことだけをやって来た・・・
それが結果的にニート的な生き方だったことは否定しない。

d0125535_19224992.jpg

先生はペンション経営、学習塾開校、ブランクを経て中学校教諭として教壇に舞い戻る。
風の方向に流されていく凧のような祐さんを巧妙に操りながら家族を守って来たが、
時より見せる自由奔放さは担任の時代から変わらない。(当時は28歳くらい)

d0125535_1923224.jpg

仕事で帰りが予想よりも遅くなった祐さんが、あわてて自慢のスリランカと日本が融合した
2種類のカレーを作ってくれる。家族は作り方をまったく知らない。
醤油ベースのチキンカレー、海老と野菜がたっぷり入ったシーフードカレー、
ともにスパイスたっぷりだが、食後に胸焼けに襲われることは一切ない。
好みで後から振りかけるスパイスを3種類も用意してくれる。
家族はスパイスの違いについて、まったく興味を持たない。

カレーの写真は以前の回で・・・リンクはこちら
http://iwakurat.exblog.jp/i36/

d0125535_19284090.jpg

祐さん自慢の自家製葡萄酒を飲めるのはうちでは靖子さんだけ。
元来カレー愛好家だが、ここではいつも以上に食が進む。
まだ小さかったミホちゃんとミホちゃんが飽きるまであやとりを続けた。

d0125535_1929946.jpg

今日は祐さんのカレーだからと昼飯を軽めに済ませ、おやつも食べなかった父親。
ちょうど一年前、祐さんのカレーを食べてから調子を崩したと言ったら、ちょっとビビる。
でも、普段はすでに眠っている時間にもかかわらず、ヒマラヤ登山の話を披露する。
素直に先生の家族みんなを誉める、Pureなハートの持ち主。

d0125535_19293231.jpg

犬の話、那須の知りあいの数、那須の地理では絶対に負けない、引かない母。
気を遣いすぎて、いつものようにおしゃべりがとまらない。そんなに気を遣わなくても・・・。
引っ込み思案のクーちゃんとの相性はなぜかいまいち。

d0125535_19294432.jpg

僕と先生は卒業アルバムを見ながら記憶力対決をする・・・先生の圧勝。
いくら最後に担任したクラスだったとはいえ、そこまで覚えているものか?
卒業アルバムの写真はスナップ等はカラーだが、個人別は白黒・・・時代。
時代と言えば、なぜか写っている写真はすべてと言っていいほどビーバップハイスクール調。

d0125535_19295994.jpg

このブログを見せようと思ってリビングのMACを触るが、無線キーボードの電池切れで
URLが打てない。ヒロキ君は交換用の単3電池4本を見つけられない。
そんなヒロキ君も一番新入りのクーちゃんには強気・・・
だけど最後には「ゴメンなさい、許して」。

d0125535_2120266.jpg

那須の夜、カレーと暖炉を囲んだ時間はあっという間に過ぎてホテルに着いたのは11時半。
素敵な家族と共有した時間で、温泉に入ったかのようにこころがほっと暖かい。

大勢で駆けつけたのに片付けもせず、すみませんでした。

d0125535_19301818.jpg

特に何をしたわけではないのですが、故郷のある人が実家に帰って和むような、
実際、今は那須が実家であるわけですが・・・なんとなくリセット出来たような気になる
そんな那須の旅でした。
d0125535_2118443.jpg

では、また。

次のページ>で 異国情緒漂う秋の横浜をお伝えします。

  by iwakura-t | 2010-11-20 19:00 | 10年秋から11年春

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE