カテゴリ:葉 祥明絵本美術館( 1 )

 

葉祥明 阿蘇高原絵本美術館


阿蘇・小国の旅も最終日、思いがけずすてきな場所に出逢うことができました。
ようやく天候も回復して来たので、南阿蘇から阿蘇山へ登って来ました。
この頃はまだ視界も開けていて、ジャージー牛?がのんびり草を食んでいる姿も
見られたのですが・・・。

d0125535_18231896.jpg

高度を上げると徐々に黒い雲があたりを取り囲み、いつしか視界10メートルの霧の中へ。
結局、中岳周辺は何も見ることができす、昨年は愛らしい姿を見せてくれた米塚も
確認できないまま、時速20キロ程のノロノロ運転で下山を始めました。

d0125535_18233475.jpg

そんな中、絵本作家の「葉 祥明 阿蘇高原絵本美術館」の看板が・・・
雨が小ぶりになるのを待って入ったのですが、そこには小さいけれど素敵な美術館と・・・。

d0125535_18234369.jpg

葉さんの絵本の世界そのままのお庭がありました。

d0125535_18235241.jpg

水平線の上にちょこんと描かれた樹とベンチ・・・見たことありますか?

d0125535_1824292.jpg

ここは「ジェイクの丘」と名付けられた小高い丘を中心に、
葉さんの世界から抜け出して来た、逆ですね、
葉さんの絵本の世界に入り込んでしまったような広々とした素敵なお庭が広がっています。

d0125535_1824119.jpg

ちょうど今回は雨があがったばかりで霧がかかって、
より神秘的な雰囲気を醸し出してくれました。

d0125535_18242033.jpg

ふたたび雨が強くなるまでの30分くらい、なんだか天国にいるようなそんな気分に
浸っていました。

d0125535_1824439.jpg

お天気の日はきっと青空に阿蘇山の緑がまぶしい、
それはまたきれいな場所なんだと思います。

d0125535_18245251.jpg

お庭のあちこちには葉さんと葉さんのお兄さんの絵本が置かれています。

d0125535_1825261.jpg

小さな美術館を振り返っても、そこは絵本の世界・・・
飲食は禁止されているけれど、できれば草の上に座ってランチでもしたい
・・・そんな場所です。

d0125535_18252065.jpg

天国へ続く道がこんななら・・・
きっとすこやかなきもちでこの世とお別れできそうな気がします。

d0125535_18253014.jpg

葉 祥明 阿蘇高原絵本美術館
住所:阿蘇郡南阿蘇村大字河陽字池ノ原5988-20(熊本ゴルフクラブ湯の谷コースそば)
電話:0967-67-2719
年中無休 開館時間10:00~17:00

d0125535_18254095.jpg


次のページ>で 旅がつながります。
[PR]

  by iwakura-t | 2008-07-07 18:42 | 葉 祥明絵本美術館

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE