カテゴリ:阿蘇・くじゅう07年6月( 5 )

 

HPからブログへ拡張(第一弾)

d0125535_114549.jpg
2007年5月に訪れた阿蘇・くじゅう高原の写真です。麦の穂に小さなカメムシが遊んでいました。
d0125535_20481420.jpg
空港からほんの少し走るともう阿蘇の山々が迎えてくれます。
d0125535_2048528.jpg
ここは阿蘇のマスコット「米塚」・・・ボルビックのコマーシャルみたいでしょ?でも自然の造形なんだそうです。
d0125535_20483548.jpg
この日の宿「火の鳥温泉 ログ山荘 火の鳥」さんでの夕食の逸品。5室だけの小さなお宿ですが、各室に露天風呂があって、なによりお食事が美味しかったです。

d0125535_20451826.jpg
少し足を伸ばして宮崎県の高千穂峡へ 
d0125535_1145576.jpg
以前から写真で見たことがあり、ぜひとも訪れてみたかった場所でした。
結果は・・・このアングルだけは絵になるけれど、写真だけでいい場所でした。

この旅行からカメラを「OLYMPUS E-410」にしました。デジタル一眼レフカメラは
初めてでしたが、小ぶりでスタイリッシュな感じがとても気に入っています。
しばらく頑張ってもらった「NIKON Coolpix5400」は引退です。

本家のHP 「3minutes Photo Trip」も更新しなくてはならないのですが、
とりあえず新しい写真をこちらのブログで更新していきたいと思います。
[PR]

  by iwakura-t | 2007-09-12 11:40 | 阿蘇・くじゅう07年6月

阿蘇・くじゅう高原(その2)

d0125535_2144762.jpg
阿蘇はいたる所にきれいでおいしい湧水が・・・ペットボトルは欠かせません。
d0125535_215020.jpg
地元の皆さんもあちこちで大きなタンクで水を汲んでいました。おいしい水を買わなくて済むなんてとっても幸せなことですね。
d0125535_2151830.jpg
バリのウブドから少し行った処に「タンパクシリン」という湧水のきれいな場所があったけれど、阿蘇の湧水の多さにはかなわないな。
d0125535_11144860.jpg
白黒でちょっと寄ってみました。
d0125535_11133026.jpg
草千里浜 駐車場はたくさんの人で溢れていたので、道端から。
d0125535_20585536.jpg
阿蘇からくじゅう高原へ向かう道沿いの展望台から阿蘇方面を望む。あれだけおいしい水で育つお米もきっと美味しいんだろうな。
[PR]

  by iwakura-t | 2007-09-12 11:30 | 阿蘇・くじゅう07年6月

阿蘇・くじゅう高原(その3)

d0125535_11184182.jpg
少しわかりずらい場所にあるけど、本格的な散策路もある「大分の宝 彦太郎池」。
久住畜産試験場の駐車場横から入ってください。
遠回りする散策路はかなり本格的、あまりの本気モードに途中心細くなることも。
近道ルートは万人向きで気軽に歩けます。
d0125535_2117507.jpg
こちらがその上級者向け?の散策路のワンシーン。必ず水は持って歩きましょう。
d0125535_21153394.jpg
こちらが近道ルート、適度な緑に囲まれて安らぎます。
d0125535_21161091.jpg
本当に緑がきれい。
d0125535_11185131.jpg
同じく彦太郎池に吹く風を白黒で 風がなんとも気持ちいい。

d0125535_2214689.jpg
「彦太郎池」からほど近い場所にある「くじゅう花公園」 年間を通じてさまざまな花畑を見ることができます。
d0125535_22142062.jpg
d0125535_22143625.jpg
d0125535_22145316.jpg
黄色いコスモスが二輪 寄り添うみたい。
[PR]

  by iwakura-t | 2007-09-12 11:20 | 阿蘇・くじゅう07年6月

阿蘇・くじゅう高原(その4)

d0125535_11294044.jpg
くじゅう高原の宿 「レゾネイトクラブくじゅう」 散策ツアーなんかもあって楽しめます
d0125535_11295341.jpg
宿の窓から見える広大な景色
d0125535_21253443.jpg
貸切露天風呂もあったり、お部屋が2層になっていたり・・・一面銀世界になる冬もかなりおすすめだそうです。
d0125535_21262389.jpg
朝陽に映える若木 ホテル前の池で。
d0125535_21264894.jpg
こちらは朝露に濡れる蜘蛛の巣。
d0125535_2127444.jpg
明かりが外に漏れないようにとか、周りの風景を壊さないような外観や色、かなり環境のことを考えています。
d0125535_21274848.jpg
ホテルから裏道を少し走った見晴らしのいい場所で。
d0125535_21272192.jpg
どこまでも続くようなシンプルな道、さぁそろそろ阿蘇・くじゅう高原に別れを告げて大分空港へ向かわなくては。
[PR]

  by iwakura-t | 2007-09-12 11:10 | 阿蘇・くじゅう07年6月

阿蘇・くじゅう高原(その5)

d0125535_11532852.jpg
くじゅう高原から大分空港へ向かう途中で出会った日本名水百選 「男池(おいけ)」
散策路が整備されていて、とても素敵な場所でした。
d0125535_11534585.jpg

神秘的な感じがする場所ですが、駐車場からのアクセスも楽で気軽に行ける所です。
正式には「男池黒岳自然散策路」 大分県由布市庄内町にあります。
d0125535_214186.jpg
黒岳への登山道方面に少し入った途端、すごい樹と出会いました。
どういう所以かは不明ですが、大きな岩を抱えたまま育っています。
d0125535_2140491.jpg
こちらも別の樹 大岩が有った上に芽吹いて、そのまま成長したんでしょうか?
それにしても自然の凄さに畏敬の念を感じました。
d0125535_21535955.jpg
別アングルから。
ここは帰りの飛行機の時間を気にしながら訪れたので、今度は湯布院辺りに泊ってゆっくり来てみたい場所です。
今回の阿蘇・くじゅう高原の旅は熊本空港からレンタカーで出発し、熊本、宮崎、大分の三県を駆け抜けました。途中、宮崎県でスピード違反で捕まったりしてへこんだ事も思い出します。
美味しい水とお昼御飯も含めて食事に恵まれた旅でした。
[PR]

  by iwakura-t | 2007-09-12 11:00 | 阿蘇・くじゅう07年6月

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE