カテゴリ:サクラサク10年4月( 4 )

 

今年の桜は・・・(その1)

※5月4日 追加分UPしました!

今年も桜の季節がやって来ました。
d0125535_19403724.jpg
2009年4月のサクラサク(左のカテゴリの中)の時もそうでしたが、
今年の桜も開花宣言されてから寒の戻りで満開まで時間が掛っていますね。
今日は3月30日・・・満開は今週末あたりでしょうか?
d0125535_1948537.jpg
今回は、用を足しに訪れた場所の隣にある都立武蔵野公園で少しばかり
早い花見となりました。
d0125535_19495653.jpg
朝方はかなり冷え込んだものの、昼前にはようやく暖かな日差しも出て、
青空のもと咲き始めた桜と出逢えました。
d0125535_1951264.jpg
都立武蔵野公園は東八道路をはさんだ都立野川公園とつながっているような
位置関係にあります。ひと昔前は駐車場も無料だったのですが、今は有料と
なっているようです。
奥には軟式野球場やバーベキューが出来る広場、親水公園となっている野川
脇の歩道も含めて、広さはあるものの落ち着いた感じの公園となっています。
d0125535_19525162.jpg
こちらは桜のそばにひっそりと咲いていたモクレン・・・花びらの感じがなんとも言えませんね。
d0125535_2041440.jpg
開花して日が経つと花びらが茶色くなって来てしまうので、きれいな時間は短いですが・・・。
d0125535_2042958.jpg

次からの4枚は今回が初デビューとなった新しいレンズ
「panasonic Lumix-G 20 pancake」で撮りました。
d0125535_19542932.jpg
d0125535_19555389.jpg
d0125535_19552560.jpg
d0125535_19561187.jpg
このレンズは35mm換算40mmの単焦点レンズで、売りはシャープな解像度と
f値1.7という明るさでしょう。OLYMPUS E-P1ではこれまでf値が2.8で35mm
換算34mmという単焦点レンズを使っていましたが、G20の評価が高い事を受けて
先日仲間入りさせました。主にスナップ写真に実力を発揮してくれると思います。
今回は馴らしといったところでしょうか?
d0125535_19573831.jpg
その他は「OLYMPUS ZUIKO 50mm F2.0 Macro」がいつも通りの空気感で
青空バックの桜を切り取ってくれています。手持ちの中ではBestレンズですね。
d0125535_19583056.jpg
ま、道具も大事ですが・・・肝心の写真の腕も上がって欲しいところですね。
d0125535_1959564.jpg
今回はまだ三分咲きといったところなので、バリエーションがなくてゴメンなさい。
満足できなかった方は、左側カテゴリの中から「サクラサク08年4月」「サクラサク09年4月」
も見てくださ~い。
週末にまた出掛けてくるので、その際にはもう少し頑張ります。
あわせて、御近所のパン屋さん「SANA(サナ)」さんもご紹介します。
d0125535_19592821.jpg
では、今回はこの辺で。

“次のページ” でさらにたくさんの桜と出逢えます。
[PR]

  by iwakura-t | 2010-03-30 19:00 | サクラサク10年4月

今年の桜は・・・(その2)

前回から少しばかり間が空いてしまいましたが、
満開に近づいたきれいな桜をたくさん紹介したいと思います。
d0125535_19411698.jpg
ここ何日か、強風や突然の雨などで安定していなかった天気も、今日はまずまず。
病院へ向かう道沿いにもきれいな桜がたくさんあります。
d0125535_19434167.jpg
ここは去年も紹介した桜のトンネルです・・・桜の木が若いので、これからが楽しみです。
d0125535_19463882.jpg
仙川公園に面した野川の両岸で桜(ピンク)と水辺の菜の花(黄色)、紫花菜(紫色)が競い合っています。
薄曇りが幸いして、光がきれいに回ってしっとりした写真になりました。
こういうトーンも良いですね。
d0125535_1947112.jpg
桜満開の便りと陽気(・・・それほどでもなかったけど)に誘われて、
公園や街にはたくさん人が出ていました。
皆さん、春を待ちわびていたんですね!
d0125535_20445858.jpg
まだ冷たい空気も残り、地べたに座ってお花見するにはちょっと寒かったかもしれませんが、
桜は本当に満開でした。
d0125535_1959247.jpg
午前中に用事を済ませた三鷹駅から、井の頭公園までを「風の散歩道」に沿って歩きます。
d0125535_2002018.jpg
途中、未体験だった「山本有三記念館」に立ち寄ります。
 以下は三鷹市役所のHPより~
 玉川上水のほとりに建つ旧山本有三邸である「山本有三記念館」は、大正末期の本格的な
 欧風建築で、晩餐客がくつろぐドローイングルーム(応接間)や、個性的にデザインされた
 3つのマントルピース(暖炉)があり、壁やドアにも装飾的な細部を持ち、三鷹市の文化財
 にも指定されています。
 記念館の南側には有三記念公園が隣接しており、文学散歩や庭園鑑賞の場としても愛されて
 います。武蔵野の面影残る緑に囲まれて建つ、大正ロマンのぬくもりの感じられる洋館へ、
 どうぞお立ち寄り下さい。
d0125535_20123983.jpg
 「路傍の石」「米・百俵」などの小説や戯曲で知られる作家山本有三(明治20~昭和49)は、
 作家としての仕事以外にも、戦後、邸内に三鷹国語研究所を開設し、日本国憲法の口語化
 を政府に進言したり、国会議員として各種法案の制定にも関わりました。
 その後、昭和28年に神奈川県湯河原に移り住んだ有三は、児童の育成のためにと、三鷹の家
 と土地を昭和31年に東京都に寄付しました。
d0125535_2028934.jpg
 有三の意思を生かして、昭和33年に都立「有三青少年文庫」が開設され、文庫活動や教育
 相談などが行われ、昭和60年からはこの文庫が三鷹市に移管され児童書の貸し出しなどを
 続けてきました。平成8年11月からは文庫活動を終了し、山本有三の文献や身辺資料と共に
 住居を公開する「山本有三記念館」として生まれ変わりました。記念館では定期的にテーマ
 を決めて企画展、講演会などを行い、広く社会に貢献した山本有三を、多角的に研究し発表
 する活動をしております。
d0125535_20194950.jpg
館内は拝見しませんでしたが、建物の裏にある記念公園は奥行きもあって素敵なところでした。
残念なのは、建物の外壁タイルを補修した際のタイルの選定が間違っており、質感を著しく
欠いていることでしょうか?
d0125535_20315252.jpg
お庭には桜はもちろん、「しゃが(著莪)」もきれいに咲いていました。
d0125535_20345171.jpg
幹の黒をバックに桜のピンクが映えます。
それにしても桜はどこからでも花が咲くんですね。
d0125535_20352082.jpg
少し陽が射して来て、バックのボケもきれいに写りました。
d0125535_2037534.jpg
外壁のタイルはこんなスクラッチ風のもので統一しないと・・・。
d0125535_20353710.jpg
桜はかなりの老木なのでしょうか、全体が苔生(む)していました。
被写体としては好きですが、桜としてはどうなんでしょうか?
d0125535_20403048.jpg
最近風景的な写真を撮れる場所に行っていないからか、アップばかりで申し訳ないです。
d0125535_20373525.jpg
昔からこういう敷石とかマンホールとかがすごく気になって・・・。
d0125535_20381621.jpg
洋館の窓をバックに紫花菜のアップで締めたいと思います。(2010/5/4UP)

次回は、桜に負けていない春の花々と・・・
そうそう、ご近所のパン屋「SANA」さんを紹介します。
[PR]

  by iwakura-t | 2010-03-30 18:00 | サクラサク10年4月

今年の桜は・・・(その3)

今回は、前回紹介し忘れた隠れた名所の桜とご近所のパン屋「SANA」さんを紹介します。

山本有三記念館を出て、「風の散歩道」に沿って井の頭公園にぶつかるとそこからは
未舗装の玉川上水わきの緑道になります。
d0125535_21133388.jpg
芽吹き、そして勢い良く伸びていく木々から春を感じます。
d0125535_21144967.jpg
まさにGrowing Up!って感じですね。
d0125535_2115441.jpg
葉っぱの葉脈までが力強く、まるで音を立てて流れているようです。
d0125535_21171571.jpg

花見の人々でごった返す井の頭公園、池には近寄らずに隠れた桜の名所に向かいます。
d0125535_21204982.jpg
ここは日当たりも良く、最高の環境で静かにゴージャスな桜を眺めることが出来ます。
d0125535_21211422.jpg
表通りから一本入ったところにあり、地元の方しか来ない場所なので
・・・来年も楽しみにしています。
d0125535_21213443.jpg
桜にふさわしい、やわらかい光も射してくれました。
本当に今日が一番きれいなタイミングだったかもしれません、まさに一期一会ですね。
d0125535_2121545.jpg
この時期、桜が美しいと思うのは日本人のDNAに刻まれた感覚なのでしょうか?
d0125535_2122640.jpg
決して長くはない花の見頃を終えると、一斉に花びらを落とすところも共感を呼ぶのですね。
d0125535_21221914.jpg
これが今年のソメイヨシノの撮り納めです。

さて、感傷的な気分を断ち切ってパン屋「SANA」さんの紹介に移りますね。
d0125535_21502094.jpg
「SANA」さんのデータは以下の通りです。
pain & cafe Sana 国産小麦粉のパンと焼き菓子
営業時間  am 10:00~pm 7:00
定休日   月・火曜日
電話    0422-49-5844
〒181-0013 三鷹市下連雀1-9-11
d0125535_21504810.jpg
パンの種類はそれほど多くはありません。
これにパン・ドゥ・ミ(食パン)やフランスパンが加わる程度です。
d0125535_21511293.jpg
なんといっても角を曲がればこの辺では有名な「Tohoベーカリー」があるので、
バリエーションや値段で勝負は出来ません。
それでもこだわりの小麦粉(ちょっと前までは天然酵母も売りだったはず)を使った
美味しいパンはファンも少なくないようです。
d0125535_2151527.jpg
店内にはcafeスペースもあり、パンの焼ける香りを楽しみながら喫茶したり、
スープの付いたランチセットを頂くこともできます。
d0125535_21521433.jpg
その昔は耳鼻科だった建物をリメイクしたとのことですが、ガラスブロックの壁から
差し込む日差しで店内は明るく、くつろげる空間になっています。
d0125535_21551141.jpg
ランチセットのスープは豆とトマトベースの野菜スープ1種類、こちらはBLTサンド。
d0125535_21525892.jpg
こちらはアボカド・チキンのタルタルサンド。
d0125535_21531659.jpg
そしてハムとチーズのパニーニです。
d0125535_21534721.jpg
店頭に並ぶパンを店内で頂くこともできるそうです。
d0125535_21572846.jpg
行くたびに購入するのが、ベーグル系・・・なかでも自然な甘さが絶品のシナモンベーグル。
d0125535_21574610.jpg
かわいい看板が目印です・・・お近くにいらした際はぜひ!
d0125535_21582730.jpg


次回は、春の花々をカラフルにご紹介します。(2010/5/4UP)
[PR]

  by iwakura-t | 2010-03-30 17:30 | サクラサク10年4月

桜に負けない春の花達(その1)

カテゴリは「サクラサク10年4月」となっていますが、前回アップした分から実際の撮影日は
ゴールデンウィークとなっています。
d0125535_15194254.jpg
今年のゴールデンウィークは何十年ぶりとかで全日が好天に恵まれたそうです。
おかげで衣替え、洗濯、ガーデニング、靴磨きと溜まっていた家事をすべてクリアすること
が出来ました。
d0125535_15202794.jpg
今日は最終日の5/5(水)ですが、すでに初夏の陽気で湿度も高く、ちょっと暑いくらいです。

まずは桜の名残で・・・
d0125535_15225578.jpg
(八重桜:普賢象)
d0125535_15213257.jpg

ちょっと珍しく、こちらは「三又(みつまた)」です。
d0125535_15462023.jpg

こちらは桃ですね・・・桜に似ているけど。
d0125535_1526815.jpg
ピンクの方が桃らしいですね。
d0125535_15265134.jpg

桜の足元なんかにも群生しているハナニラ・・・いかにも春の草花といった感じで好きです。
d0125535_15281842.jpg
(花韮:Spring Star Flower)
d0125535_15283335.jpg
ちょっとした日陰が好みのようで、ライティングもいい感じです。
d0125535_15284676.jpg

こちらも桜と前後して春を感じさせてくれるヤマブキ。(山吹:Japanese Rose)
d0125535_1536113.jpg
黄色と葉の緑のコントラストが目に鮮やかです。
d0125535_15361112.jpg

こちらも色彩のコントラストでは負けていません。(紫花菜:むらさきはなな)
d0125535_154379.jpg
菜の花と同じアブラナ科らしく、群生していることが多く・・・圧倒されますね。
d0125535_15432138.jpg

こちらは姫リンゴ・・・青空に映えています。
d0125535_15492563.jpg

ピンク繋がりで・・・花水木(はなみずき)も春から初夏にかけて元気です。
d0125535_1551631.jpg

家事の合間にご近所を歩いただけですが、カラフルな花達にも出逢えました。
こちらは芍薬(しゃくやく)ですね、重なった花びらがフリルのようです。
d0125535_15561844.jpg
白からピンクへの淡いグラデーションもきれいですね。
d0125535_15562944.jpg

ネモフィラも可憐です。
d0125535_15585073.jpg

ハナニラと入れ替わるように咲きだす大甘菜(おおあまな:オーニソガラム)。
d0125535_161989.jpg
ハナニラよりも花びらが長くて、独立している感じです。
d0125535_1612090.jpg
こちらも足元の日陰に群生しています。
d0125535_1614114.jpg

ご近所も春ということでガーデニングに精が出るのでしょうか?
こちらはラナンキュラス(花金鳳花:はなきんぽうげ)。
d0125535_164294.jpg

蓮華草(れんげそう)も寄ってみるとその造形美にはっとします。
d0125535_166224.jpg
子供の頃は結構身近な草花だったのに、最近は珍しく感じます。
d0125535_1663368.jpg

これから咲くのでしょう、クレマチスのつぼみ。
d0125535_1682884.jpg
こちらは何かな?しっかりうぶ毛で守られています。
d0125535_1684521.jpg

早春の頃とは違い、文字通り華やかな花も増えてきましたね。
こちらはプラスチッキーな色と質感のディモルフォセカ。
d0125535_16915100.jpg

以下の2つは花の名前がわかりませんでした。
d0125535_16114728.jpg
ガーベラでもないし、おしべに特徴があるんだけど。
d0125535_16121460.jpg
こちらも残念ながら・・・。
唐なでしこ(石竹:せきちく)も楽しげです。
d0125535_16153492.jpg

こちらは日差しの方向に向かうマーガレット。
d0125535_16154491.jpg

パンジーも楽しませてくれますね。
d0125535_16155725.jpg

最後は白やまぶきです。
d0125535_16161071.jpg


お気に入りのハルノハナは見つかりましたか?
身近な場所での春探しの旅もそろそろ終わりです・・・
では、また次回。
[PR]

  by iwakura-t | 2010-03-30 17:00 | サクラサク10年4月

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE