カテゴリ:記憶に残る写真( 4 )

 

記憶に残る写真(1)

最新の写真ではありませんが、私にとって記憶に残る写真を紹介します。

まずはオーストラリア ゴールドコーストでの1枚。
子供がお母さんに手をひかれながら、たぶん初めての海へ。
親子の雰囲気と素晴らしい海の色が好きな1枚です。
この頃はまだCanon Autoboy-Sを使っていました。
d0125535_2240530.jpg


次はドイツとスイス国境にあるボーデン湖に浮かぶマイナウ島での1枚。
藍色がかった夕焼けの湖で誰かを待っている女性、どんな人が来るんだろう?
この頃もCanon Autoboy-S、発色がいいのはプリントしたお店が上手かったのかな?
d0125535_22401677.jpg


続いてはバリ島のクタにあるホテルの中庭での1枚。
南国の花々と緑に強烈な光線による陰影、そこに妖精のような少女が2人。
光と影のバランス、少女のしぐさもちょうどな感じ。
やっとEOS55という一眼レフカメラを持った頃の1枚。
d0125535_22402944.jpg


新宿副都心アイアンドタワーにあるエクイップメントを撮った1枚。
青味ががっているのは日中だけど、ホワイトバランスをいじっているから。
NIKON Coolpix950というデジカメを手に入れて、その精密な描写と即時性に後押しされて都市空間を青いイメージで切り取っていた頃。
青い写真だけを集めてみるのも面白いかも?
d0125535_22464524.jpg

[PR]

  by iwakura-t | 2007-09-23 22:30 | 記憶に残る写真

記憶に残る写真(2)

これらはEOS55でリバーサルフィルムを使って撮影した冬の奥多摩の流れ。
岩の陰で凍りついた岩肌を3分~4分の長時間露光で撮っているため、川の流れ自体は確認できません。全体が青いイメージになっているのは長時間露光による相反則不軌を起こし、カラーバランスが崩れているため。個人的にはこの幻想的な深い藍色が好きで、いろんなところで試していました。
d0125535_20591111.jpg
d0125535_20593764.jpg
d0125535_2059233.jpg
d0125535_20594965.jpg
でもデジタルカメラと違って、フィルムカメラの場合は現像してみないと仕上がりがわからない。仕上がりを予測して撮って、現像された写真を見て、イメージ通りだった時は嬉しかったな。
[PR]

  by iwakura-t | 2007-09-23 22:20 | 記憶に残る写真

記憶に残る写真(3)

前回に引き続き、青いイメージの写真を集めてみました。
これらはNIKON Coolpix950というデジタルカメラを買った頃のもの。
リバーサルフィルムの相反則不軌という深い藍色に近い感じに仕上げるため、ホワイトバランスを「白熱電球」にして撮っています。そうすると全体が青色に振った感じに写ります。

これは新宿副都心のNSビルを下から見上げた1枚。Coolpix950はレンズ部分をグルっと回せたので、結構面白い角度からの写真がたくさん撮れました。たくさんの直線でも破たんしない描写性能は今でも通用すると思います。
d0125535_21145118.jpg


次は池袋のオフィスビルの天井を90度傾けて撮った1枚。蛍光灯の光を拡散するためのルーバーが意外な効果を見せてくれました。年賀状のバックにも使用した1枚。
d0125535_2115875.jpg


続いては新宿、都庁の駐輪場の天井。前と同じようにルーバーが効果的な1枚。右側に光るのは蛍光灯、これも90度傾けて切り取っています。
d0125535_21162448.jpg


同じく新宿副都心のアイランドタワー2階バルコニーから、正面玄関の屋根を90度角度を変えて撮った1枚。ビルの鏡像に切り取られた光が右上に流れていくのが効果的です。
d0125535_22104978.jpg


続いては郊外のビルから、隣の高校の屋上を撮った1枚。雨で濡れたコンクリートが面白い模様を見せてくれていました。
d0125535_21152192.jpg


これと次の1枚は池袋の交差点近くにあったバーのウインドウ。ガラス越しに並んだペリエのイヤーボトルとウインドウに描かれた模様がきれいで、かなりの枚数を撮りました。
d0125535_21154270.jpg

d0125535_2210268.jpg


最後は奥多摩の山深い渓流に朝陽が差し込んだ瞬間を青いイメージで切り取った1枚。
青と金色がいい感じのコントラストを見せてくれました。
d0125535_21215128.jpg


このCoolpix950は気軽にバックに入ったので、いつも持ち歩いていろんな所で写真を撮っていました。
[PR]

  by iwakura-t | 2007-09-23 22:10 | 記憶に残る写真

記憶に残る写真(4)

d0125535_21444125.jpg


いきなり何の写真かと思いましたか?
これらは有楽町と東京駅の中間にある「東京国際フォーラム」です。設計者のラファエル・ヴィニオリの奇抜な空間構成に圧倒されます。バブル絶頂時だからこそ出来た建築だと思うけれども、決して無駄ではないと思います。
建築および構造に関してはここのページへ。http://www25.big.or.jp/~k_wat/tif/

まずは1階から見上げた1枚。
(以下は全部ホワイトバランスを意図的に変えて撮っています)
d0125535_21421344.jpg


こちらはガラス壁面に張り渡されたデッキから船の竜骨を思わせる梁を見上げた1枚。
d0125535_2143150.jpg


これは非常階段を外側から90度角度を変えて見上げた1枚。通路ではありません。
d0125535_21431530.jpg


地下にある地下鉄乗り場に下りていく階段も近未来的に見えてきます。
d0125535_21433080.jpg


これは地下1階から見上げた1枚。
ただこの写真だけを見せられたら何だかさっぱりわからないかも。
d0125535_2145582.jpg


外部の階段を90度角度を変えて撮った1枚。そのままでも面白いけれど、回転させたことによってよりエッジが効いた気がします。
d0125535_21435114.jpg


こちらはホール棟のエレベーターホール。
d0125535_2144142.jpg


最後もまた難解ですが、エレベーターの中を切り取った1枚。
d0125535_21442197.jpg

[PR]

  by iwakura-t | 2007-09-23 22:00 | 記憶に残る写真

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE