<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

勝連(かつれん)城跡

さて、今回は「勝連城跡(うるま市)」です。
沖縄には城(グスク)の城壁等が残っている場所が多くあります。
これらグスクと関連遺跡群は世界遺産に登録されています。
http://www.wonder-okinawa.jp/002/index.html
d0125535_17281727.jpg

これまで読谷にある「座喜味城址」と本部にある「今帰仁城跡」には足を運んでいました
が、今回初めてこの「勝連城跡」を訪れました。
なんの情報もなくふらっと寄ったのですが、そこはまさに「天空の城壁」でした。
http://www.churashima.net/shima/okinawa/isan/20010418/
d0125535_17431691.jpg

きれいに整備された駐車場から海中道路へ向かう道路をはさんで城址への坂道を
上って行きます。これが結構きつい坂・・・お年寄りには無理かも。
d0125535_17435619.jpg

再建されたといえ、城址自体がかなりの高台にあり、城壁も見事です。
d0125535_17441377.jpg

勝連半島の根元に位置し、かなりの高さから360度を見渡せるパノラマは圧巻、
そして当時は重要な拠点であったことが窺い知れます。
d0125535_17442958.jpg

三の郭から一の郭を望む。
d0125535_1744436.jpg

二の郭から足元が整備されていないルートを超えて一の郭への階段を上る。
d0125535_17445811.jpg

一の郭からの眺望・・・海の向こうははるかかなたの那覇(首里)方向。
d0125535_17452770.jpg

井戸の跡や御神木もあります。
d0125535_17454091.jpg

かなりの傾斜の坂道や足場の悪いところも多いせいか、あまり観光バスは見かけません
でした。かなり通好みの城跡といった感じです。
d0125535_17455268.jpg

[PR]

  by iwakura-t | 2007-12-24 17:26 | 沖縄・勝連城跡07年12月

読谷やちむんの里 陶器市

沖縄の良さは夏ばかりではありません。
東京が寒いこの季節、厚いコートなしで気軽に出かけられるのは
いいですよね。
今回は「読谷やちむんの里」の陶器市に行って来ました。

いつもは国道沿いにある「読谷村共同販売センター」で陶器を見るのですが、
今回はちょうど陶器市が行われているというので行ってみました。
d0125535_16282822.jpg

読谷には人間国宝でお魚のモチーフが有名な「金城次郎」さんをはじめ、たくさんの
陶工さんの窯がありますが、最近整備された「読谷やちむんの里」 一帯で陶器市が
催されており、結構な人出となっていました。
d0125535_16285338.jpg

いかにも沖縄らしい文様の器から結構繊細で新しい感覚の焼き物までバリエーション
が豊富で、いつもの共同販売センターにはないようなものも沢山ありました。
うちは上の写真にある白系の陶器をセットでいくつか購入しました。
d0125535_16291153.jpg

白ベースに朱が入った新しい感覚の器もきれいでした。
d0125535_16292468.jpg

沖縄らしい文様の器が所狭しと並べられている様は圧巻です。
お客さんは観光客から地元で商売をされている人、基地の人まで様々です。
d0125535_16294821.jpg

屋外にはテントが張られ、器のほかにかなりの大物も展示されていました。
d0125535_1630929.jpg

普段は工房であるところに台を置いてたくさんの焼き物を並べているのですが、
どこも片隅に椅子があって、お茶とお茶菓子、みかんが置かれているのが微笑ましい
感じです。お店の人は普段は陶工さんや見習いさんなので、使い方や器同士の合わせ方
などについても気さくに相談に乗ってくれます。
d0125535_16302833.jpg

こちらは新しい感覚の作品が多かった陶工さん、壁に掛けるオブジェや花器も素敵です。
d0125535_16304185.jpg

こちらは花器とお花のアップ。イメージはヤシの実かな?
d0125535_1631145.jpg

碧の陶板がいい感じ・・・シーサーも独特の顔つきです。
そういえば今回お友達に頼まれて小ぶりなシーサーの焼き物を探したんだけれど、
いわゆるシーサーという正統派の感じのものがなかなか見つからなかった。
シーサーというといかめしい感じの獅子のイメージが強いんだけれど、いまどきは
かなりユーモラスで笑っているシーサーが多かったです。あとは素焼ではなくて、
白ベースに黄色やオレンジでカラフルなシーサーも多かったです。時代によって
シーサーも変わっていくのですね・・・お友達には精悍な顔つき、だけど黒い身体に
紅いたてがみのシーサーを購入しました。
d0125535_16313485.jpg

最近はこういった蓋物も多く出ているようです。お菓子なんかを入れるといいのかも?
d0125535_16314541.jpg

蓋物と碧がきれいな小鉢、そして白いものは・・・なんだろう?
d0125535_163223.jpg

これは「やちむんの里」の入口近くの沖縄ガラスアーティスト「稲嶺盛吉」さんの
ガラス壺をアップで撮らせてもらったものです。青の濃さと表面のひび割れ感がいいです。
d0125535_16321873.jpg

沖縄ガラスは本当に廃ガラス(ここではコーラの瓶)から作るのですね。
d0125535_16323820.jpg

すぐ側でガラス作品が作られていく様子を見ることができます。
http://kana-miyako.com/art-inamine.html
[PR]

  by iwakura-t | 2007-12-24 16:40 | やちむんの里陶器07年12月

12月のアッタテラス

12月の沖縄・・・もちろんホテルはアッタテラスです。
この時期の沖縄はお天気に恵まれないことが多いけれど、
今回もずっといいお天気でした。
この週は特に東京が寒かったので、日中20度近くまで気温が
上がる沖縄は過ごしやすかったです。
(でも常夏ではないので長袖+羽織るものが必要です)
d0125535_1445069.jpg

日中、特に出かける用事がなければプールサイドで日光浴しながら読書なんかも気持ちがいいです。
d0125535_1451169.jpg

ラウンジではこの季節シークァサージュースが美味しいです。
(写真は単なるお水ですが、ブルーのグラスがとてもきれいでした)
d0125535_1452566.jpg

ブーゲンビリアも色が濃くてきれいです。
この季節でも色とりどりのハイビスカスもあちこちで咲いていました。
d0125535_1454191.jpg

同じくラウンジでの「ぶくぶく茶」体験・・・沖縄でも首里のあたりで飲まれていた
珍しいお茶です。かなり大きめの器で炒り米湯とさんぴん茶をブレンドしたものを茶筅で泡立てています。泡の食感がとても不思議で・・・面白い体験ができました。
ぶくぶく茶とは・・・
http://homepage3.nifty.com/buku/bukubukuchagaiyo.htm
d0125535_1462099.jpg

ごく最近ホテルの裏手にオープンしたガーデンへ続くウッドデッキ。
少し階段を降り切ると沢に橋が架かっており、そこにはかわいい椅子が置かれています。
木が生い茂る沢にはたくさんの鳥が集まってきます。
d0125535_1463851.jpg

ガーデンにある蓮池で・・・バリ島のウブドを思い出します。
もう少しするともっと沢山咲いてきれいだと思います。
d0125535_147046.jpg

ガーデンの中央にあるライブラリーコーナー。
今は本とお水のサービスだけですが、その内に飲み物のサービスも可能になるとか。
開け放したドアから気持ちいい風が入ってきます。
朝食後、お部屋に戻る前に散歩しながら来るといいと思います。
海が見下ろせるウッドデッキではヨガのプログラムも開催されていました。
d0125535_1471368.jpg

ホテルの部屋から見るガーデン。
まだ完成したばかりで樹木も小さく若いですが、これから楽しませてくれそうです。
菜園も有って、ホテルのスタッフの皆さんがそれぞれいろんなものを育ててるんだ
そうです。
ちなみにいつもお世話になっている砂辺さんの担当は「とうがらし」、かわいいですね。
d0125535_1473151.jpg

今回は特別にアッタテラスに隣接しているゴルフリゾートで9ホールプレーしました。
貸靴に貸しクラブでしたが十分楽しめました。芝はもうひとつでしたが、海に向かって
打ち下ろす見晴らしのいいホールもあって・・・11月からが本格的なシーズンという
こともあってとても賑わっていました。
d0125535_1475118.jpg

夕日に映えるホテルのプール。
やっぱり近くに水があるというのは気持ちが和みます。
d0125535_1481332.jpg

テラスグループ(アッタ、ブセナ、ナハテラス)のプールは底面のタイルがブルーで
とてもきれいに見えます。
d0125535_1484848.jpg

夕方、そろそろ夕陽もきれいな時間。
今日の夕飯はどこに行く?やっぱり「名護曲(なぐまがい)」かな?
高速道路「許田」を降りて10分くらいのところにある沖縄料理のお店です。
メニューは沖縄料理から寿司、かつ丼、洋食までバリエーションに富んでいますが、
どれを食べても美味しいんです、これが。
ヒ―ジャー(やぎ)料理やヒートゥー(イルカ)料理もありますが、初めてなら「名護曲定食」
か「がじまる定食」をお勧めします。沖縄料理の定番がひととおり入っていて、目にも
楽しいです。たくさんのお料理を楽しみたいですが、単品で頼み忘れると全部に
ご飯と小鉢、吸い物が付いてくるのでご注意を。
それにしてもお店のお姉さん方は本当に働きものです。そしてたくましくて美しい!
http://www4.ocn.ne.jp/~magai888/MyPage/menu0.html
d0125535_149668.jpg

アッタテラスでもディナーを・・・食べなくてはいけませんね。
ディナーのテーブルセッティングもこんなに素敵なんですから。
d0125535_1492792.jpg

クリスマスシーズンが近いのでデコレーションもきれいです。
国道からホテルへの入口を曲がったところには2メートルくらいに育ったポインセチア
の木がありました。同じものなんだろうか?
d0125535_149407.jpg

朝方、もしくは月夜のプール・・・のイメージで。
d0125535_1495264.jpg

[PR]

  by iwakura-t | 2007-12-24 14:10 | ジ・アッタ(1)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE