<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

秋・・・紅葉も食欲もたけなわ

さて今回は割と近場、自宅から中央自動車道で約2時間、
距離にして片道150kmの場所にある「小淵沢・清里周辺」
から秋の色をお届けします。
d0125535_21283822.jpg
それぞれの位置関係はこちら(クリックすると拡大表示されます)
d0125535_21293888.jpg

我が家では「小淵沢」というとまず頭に浮かべるのが・・・鰻ですね。
それからソフトクリーム、高原野菜、果物、花かな?
被写体としてももっと他にたくさんあるだろうに・・・我ながらお恥ずかしいですが。
d0125535_21321655.jpg
今回もその鰻を頂きに小淵沢の駅のそばにある「井筒屋」さんを
目指しました。前回は中央道の事故渋滞の影響で到着した時には
品切れで残念な思いをしたので少し早目に出発しました。
到着したのが10時ちょうど、開店までまだ1時間あるので、
先に「道の駅」で物産を購入してから向かいます。
d0125535_21333272.jpg
平日ながら、11時前から人が並び始めます。
当日は10月下旬とはいえ、暖かくて穏やかなひなたぼっこ日和。

店内は座敷ですが、奥には縁側のような場所の席もあります。
d0125535_21341289.jpg
この井筒屋さん、本格的な鰻屋さんなので注文してから
確実に30分は待たされます。
時間を持て余す方は本なり、雑誌なりを持ち込むか、
う巻きや骨せんべいを肴にお酒でも呑んでいてください。
d0125535_21344162.jpg
こちらが井筒屋さんおすすめの「かめ塩のうなぎ」2200円。
白焼きの鰻に山椒の効いた塩をかけていただきます。
d0125535_2135529.jpg
こちらはたれで焼いた「うな箱 一のう」2000円。
d0125535_21352553.jpg
その他にもおつまみ、うな丼等メニューはいろいろです。
国産鰻にこだわった、並ぶ甲斐、待つ甲斐ありの美味しい鰻屋さんです。
お店のHPはこちら。
http://www.itutuya.com/pc/contents23.html

さて、続いては今回初めて訪れた「身曾岐(みそぎ)神社」です。
こちらは小淵沢周辺パンフレットで見つけたのですが、規模こそ
お伊勢さんにはかないませんが、格調ある御宮と池に面した
能舞台が印象的なすてきな場所でした。
こちらが駐車場から回り込んだ場所にある一の鳥居です。
d0125535_21421631.jpg
こちらは一の鳥居から90度折れた場所にある二の鳥居。
もみじの赤と針葉樹の緑、背景の青空が目にも鮮やかです。
d0125535_21424990.jpg
その奥に本殿。
神道中興の祖とされる井上正鐡翁によって再興された古神道を
体現する場所だけあって、格式も感じられます。
d0125535_2143205.jpg
白砂が目に鮮やかです。
借景としての森も雰囲気に合っています。
d0125535_21433750.jpg
こちらは本殿の右手にある能舞台。
d0125535_21443049.jpg
一番右手は貴賓室。
d0125535_2145076.jpg
左手には鏡の間と本殿へ続く橋が掛かっています。
d0125535_21453765.jpg
移ろいゆく秋の陽の中、ゆっくりと考え事をするのもいいかも
しれません。
d0125535_21461273.jpg
神社のHPはこちら・・・そうそう、アーティストの「ゆず」が好きな方はぜひ!
理由は行けばわかりますが、ヒントは二の鳥居にあります。
http://www.misogi.jp/

次回は「三分一湧水公園」をご紹介します。
[PR]

  by iwakura-t | 2009-10-28 21:23 | 小淵沢・清里09年10月

野も山も紅葉まっ盛り

続いては小淵沢から清里に向かう途中にある「三部一湧水公園」です。
d0125535_21585446.jpg
こちらは湧水を農業用水として利用するための堰で、戦国時代の頃、
水争いをしていた三つの村に等配分するために武田信玄が築いた
という伝説が残っているそうです。
d0125535_222272.jpg
そばに駐車場や物産販売所、お手洗いも完備されています。
雑木林をぬけると・・・堰の真ん中に三角石柱が設置されています。
d0125535_2204875.jpg
湧水の周辺はかなりの広さの保護林として整備されており、
清らかな水音の中、色付いた木々を眺めることができます。
d0125535_2233779.jpg
東京、ここ武蔵野周辺では紅葉もわずかに始まったところですが、
標高が1000mを超える清里周辺では木々が赤、黄、橙に
色付いていました。
d0125535_2252860.jpg
紅葉の代名詞もみじも今が盛りでした。
しばし・・・もみじの赤に酔ってください。
d0125535_2261550.jpg
d0125535_2262851.jpg

d0125535_227083.jpg
d0125535_2271196.jpg
黄色い葉も澄み渡った秋の空・・・ブルーによく映えています。
d0125535_2291084.jpg

次は「まきば公園」へと車を走らせます。

d0125535_16272237.jpg
こちらも初めて訪れた八ヶ岳牧場にほど近い「まきば公園」です。
d0125535_16264235.jpg
ここからはちょうど八ヶ岳をきれいに観ることができます。
ちょっと無粋な電信柱もありますが・・・
d0125535_16281019.jpg
レストハウスの反対側には斜面を利用した「まきば公園」があり、
その日はヤギのつがいと黒い顔と脚が特徴的なサフォーク種
の羊が放し飼いにされていました。
d0125535_16284680.jpg
斜面の傾斜とそこら中にある動物のフンに気をつけて、
下まで行ってみましょう。
d0125535_1629831.jpg
こちら、ウォレスとグルミットに出てくるショーン(羊)。
d0125535_16294795.jpg
こちらはハイジに出てくるユキちゃん(ヤギ)でしょうか。
d0125535_16301132.jpg
振り返ってみると緑の牧草地を手前に八ヶ岳がきれいに見えます。
d0125535_16303521.jpg
新米カメラマン・・・動物写真の腕は僕も脱帽です。
d0125535_16305457.jpg
新しいカメラも良く写るにしても・・・うまいんじゃないですか?
d0125535_16322842.jpg
僕も負けずに1枚!
d0125535_16331274.jpg

最後は清泉寮でソフトクリームです。
[PR]

  by iwakura-t | 2009-10-28 20:55 | 小淵沢・清里09年10月

秋の日は・・・

こちらは「まきば公園」から橋を渡った反対側に位置する
「清里高原 キープ協会 清泉寮」です。
d0125535_16485889.jpg
現在は国際研修交流センターとして活動していますが、
なにより有名なのはこのソフトクリームですね。
練乳のような味わいでとても上品な感じです。
d0125535_16492230.jpg
こちらは清泉寮本館裏手の散歩道。
フットボール記念館までの短い距離ですが
とても良い雰囲気です。
d0125535_16493823.jpg
カエデの葉も真っ赤に色づいています。
d0125535_16501997.jpg
こちらは少し下った場所にあるパンとジャムを販売しているお店。
こちらもキープ協会が運営されているとのことですが、素敵なお店ですね。
d0125535_16503648.jpg
ヨーロッパ調の外観、色彩がきれいです。
写真だけならスイスにあるお店と言っても通じそうです。
d0125535_16505039.jpg
美しい花束も売られています。
何気ない包装ですが、お店の外観にマッチしています。
d0125535_16511759.jpg
今度はこの素敵なテラス席で美味しいパンを食べたいですね。
自宅でも真ん中の弟夫婦から拝借しているパン焼き器でパンを
焼いているのですが、やぱりプロが焼くパンは格別ですね。

そうそう、もし小淵沢に泊まるとしたら・・・ここも良さそうです。
「リゾナーレ小淵沢」
d0125535_17535058.jpg
世界的な建築デザインの巨匠「マリオ・ベリーニ」が手掛けたリゾートホテルです。
d0125535_17542789.jpg
外観はクリーンなコンクリートが印象的ですが、ホテル棟のエントランスをくぐると
こんなあたたかな色調のソファーが迎えてくれます。
d0125535_1754498.jpg
宿泊する部屋はこのアーケードの2階部分に点在しています。
d0125535_17551319.jpg
こんなおしゃれな雑貨やいろんなショップも並んでいます。
d0125535_17553772.jpg
施設には大きなプール&スパ等もあるようで・・・
d0125535_1756018.jpg
機会があれば泊まってみたいですね。
d0125535_17562238.jpg
(去年の8月の写真です)
d0125535_17563516.jpg


秋の日はつるべ落とし、穏やかだった陽も落ちてくる頃・・・
近場へのショートトリップもそろそろ切り上げて
安全運転で帰りましょう。
d0125535_16522331.jpg
では、また。
[PR]

  by iwakura-t | 2009-10-28 18:38 | 小淵沢・清里09年10月

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE