<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

Super Acrylic Skin

今日は大学時代の親友AKIRAちゃんがマネジメントを務めているアーティスト

 松浦 浩之さんの個展 「Super Acrylic Skin - Sweet Addiction」

を見に行ってきました。
(開催期間は2010年9月1日(水)~9月25日(土)で、残念ながらすでに閉会しています)
d0125535_22314573.jpg

大学卒業後、某有名服飾メーカーに勤めていたAKIRAちゃんですが、松浦さんと知り合い、
今は独立して松浦さんのマネジメント兼アートディレクターをやっているそうです。
元々洋服のセンスもあったし、音楽や映画といったアーティスティックな方面に興味と
非凡な才能を持っていた彼ですが、本格的にその道で頑張っていてスゴイなぁと
ただただ感心しました。

d0125535_2232271.jpg
「Core」会場にて

松浦さんの作風についてはAKIRAちゃんの年賀状が近年そうだったので、何となく知って
いましたが、今回2Dのイラストレーション作品を間近で見て、そのクオリティの高さと独創性、
色彩感覚の素晴らしさに感銘を受けました。
僕的には今回は残念ながら展示のなかった「Transmission 9」シリーズのBlack Fireが好きです。
また、その才能は2Dに留まらず、3D作品にも如何なく発揮されており、今回展示されていた
『Genesis Monkey Red 』のメタリック感豊かな質感と、計算され、作り込まれた造形美には
圧倒されました。

こちらはかなりの大きさの『Genesis Monkey Red 』
Genesis Monkeyにはイラストレーション作品もあり、金猿シリーズ3部作は2Dならでは
の構図、迫力で圧巻です。
d0125535_22322943.jpg

手前にある白いものは1/5スケールのプロトタイプだそうです。
d0125535_22324988.jpg

1m20cm、各パーツに分けて3D出力したもので、FRPとは比べものにならないくらい
丈夫で軽量だそうです。
d0125535_2233617.jpg
(上) 偶然、僕もこのアングルからのショットが気に入ったのですが、
松浦さん自身も横からのアングルが好きで制作を決めたそうです。
全体のバランス的にも素晴らしいですよね。

(下)ボディには松浦さんのサインも・・・
イタリアのカロッツェリア ピニンファリーナみたいでカッコいいです!
そう言えば、ボディのカラーもフェラーリっぽいかも?
d0125535_22331925.jpg

僕的には車に使われる焼き付け塗装のメタリック感が深みがあって良いなと思いました。
写真集にあったホワイトバージョンも見てみたかったけど・・・。

こちらは10体展示されていた『Windy Bunny Porcelain 』。
ファーを着せかえるだけで、随分と印象が異なります。
こちらもイラストレーションの世界を3Dに展開されたものなのですね。
d0125535_22402527.jpg

アーティストの作品に触れるたび思うのは、その芸術活動の源泉はどこから来ていて、
これからどの方向に向かうのか?という疑問です。
松浦さんを突き動かす原動力となっているものはなんなのか?
これまで何と出逢い、ここまでたどり着くまでのプロセスはどうだったのか?
また、松浦さんはキャラクター的な要素を十二分に持った作品を作られていますが、
今は商業的な展開をあまりされていないようで、今後の展開にも大きな関心があります。
いつか、機会があればじっくりとお話を伺ってみたいですね。

かぶりものとして用意された各種のファーがAKIRAちゃんの前職の人脈によって
作成されていたことに感心しました。
d0125535_2244970.jpg

『Windy Bunny Porcelain 』のボディがボーンチャイナで、
しかもノリタケ製というAKIRAちゃんらしいこだわりに笑いました。
こちらがそのヌードボディ・・・陶器の透明感が良いですね。
d0125535_22405294.jpg

Windy Bunnyの原点はこちらで紹介されています。
http://www.cinra.net/tu/tokyoartcross.html

白バックに白い被写体・・・ブルーのファーを強調するためには白飛びも仕方ないか?
OLYMPUS E-P1なんておもちゃのカメラで作品を撮ったりして、大変失礼しました。
d0125535_22411916.jpg


閑話休題。
大学時代の多くを過ごした親友、すでに卒業してからは20年、最後に逢ってから
12年程度が経過していましたが、話し始めると瞬間当時にタイムスリップして
「・・・そうそう、こんなタイミングでこんな風に笑うんだよな。」
と思い出し、懐かしさとともに、少しだけ大人になった自分を噛みしめました。

大学時代、怖いもの知らずでやんちゃばかりやっていた僕やあっちゃんが
割と堅実な仕事に就いて、家庭を築いて地道にやっているかと思えば、
一番堅物でまさに天職と思えたお堅い出版社の内定を蹴って、TV番組製作会社
に入ったかっちゃん・・・しかもバラエティ番組って。そんなかっちゃんも
苦難のAD時代を乗り越え、今では独立の上、プロデューサーとして頑張ってるみたい。
純ちゃんは相変わらずだね、ふらふらしてちっとも連絡寄こさないし
・・・元気でやってる?
あとは・・・タイチ、音楽を極めるためニューヨークに渡った以降の消息が不明。
ベーシストとしては結構な腕前だったから、どこかで成功しているのかな?
どこかでこれを見たら連絡くださいね、みなさん。


なお、今回の写真についてはマネージャー殿より許可をいただいております。
作品に関して興味のある方はまず、松浦さんのHPを覗いてみてください。
松浦浩之さんのHP http://hiroyukimatsuura.com/
DIARYには今回の個展の写真、ご本人のコメントも掲載されています。

d0125535_19584095.jpg
「The animals hid underneath the fur of the beasts-Ambassador」

以下に今回の個展に関する紹介文を掲載しておきます。

この度、「東京画廊 + BTAP(東京)」では、9月1日(水)より
松浦浩之個展「Super Acrylic Skin - Sweet Addiction」を開催いたします。

松浦浩之は1964年東京生まれ。1984年から有限会社タクスフォークスに勤務し、
グラフィックデザインの業務に携わります。
1999年より、「日本のキャラクター文化」をテーマに作品を制作。
2005年に東京画廊で開催された個展『Super Acrylic Skin』でアーティストへ
と転身し、以降、絵画、立体、版画など作品の形式を広げながら、国内外で
作家活動を行っています。
近年では、2008年と2009年に台湾の誠品画廊、2009年に北京のBTAPで個展を
開催するなど、年々国際的な注目を集めているアーティストです。

d0125535_2245955.jpg

松浦の作品には、多彩なキャラクターが次々と登場し、それらは画面一杯に
クローズアップした大胆な構図で捉えられます。それらのキャラクターは、
含みのある表情で画面上に存在し、時には媚びるように、時には挑みかかるように、
また時には冷淡に私たちを見ているのです。
大量の複製イメージが生産される現代社会において、キャラクターは市場を
通って日常生活に氾濫しています。キャラクターを創り出すことを仕事としてきた
松浦にとって、日々消費され忘れ去られていく彼・彼女たちは、空想でありながらも
極めて身近な存在であったと言います。アクリルの肌「Super Acrylic Skin」を持つ
松浦作品のキャラクターたちは、外からは見ることのできない内面を有して画面内
に立ち現われ、空虚な擬人像を脱して、その存在を主張するのです。
本展では今年に入ってから制作されたペインティングに加え、昨年から企画・制作を
続けてきた立体大作も、初めて発表する予定です。
松浦浩之の新たな創作を是非この機会にご高覧下さい。


d0125535_22453487.jpg

AKIRAちゃん、久しぶりに逢えて本当に嬉しかったよ。
あの頃のメンバーを集めてみるから、今度飲みに行こうね!
素晴らしい写真集もありがとう!
松浦さんともども、ますますのご活躍を期待しています!

今日は先にこちらをUPさせていただきました。
明日以降、バリ島の山のリゾート編に取り掛かります!
では、また。
[PR]

  by iwakura-t | 2010-09-25 22:30 | 松浦浩之個展10年9月

バリ島の想い出・・・徒然なるままに(1)

ご無沙汰しておりますが、みなさん、特に変わりはありませんか?
どうです、とっても気持ち良さそうなプールでしょう?
d0125535_1949653.jpg
 (スミニャックにあったホテル インペリアル:帝国ホテルの森のプール)

今回は「バリ島の想い出」と称してお送りしますが、残念ながら最近行った訳ではありません。
ただ、最近本やTVなどで目にする機会も多く、なんとなく呼ばれている感じもして。
あたらしい現像ソフトで過去の写真を修整する機会があったので、
バリ島特集を組んでみようかと思った次第です。
ついては、今回から何回かに掛けて、順不同、徒然なるままにお届けしたいと思います。
d0125535_17464599.jpg
 (昼食で立ち寄ったブッキジャンブルの見晴らし台からの眺め)

1990年に当時勤めていた会社の社員旅行(バブル絶頂期・・・歳がばれるね)で
初めてインドネシアのバリ島を訪れてから、1995年、96年、97年、99年、2000年、
01年、02年、03年、04年、05年と僕は11回・・・
うーむ、ほとんど毎年バリ島に行っていました。
d0125535_18101768.jpg
 (ホテル インペリアルのハス池に咲いていた睡蓮)

そこまでバリ島に“はまった”理由・・・それは友人達との出逢いもありますが、
それ以上にバリ島以外では感じることが出来ない何か、言葉にならない何かを
僕ら自身が感じていたからかもしれません。
d0125535_1904617.jpg
 (Bentuyung:ブントゥユン村のJegoge:ジェゴク奏者)

それはバリ島に今も根付いているガムランやケチェックダンスといった伝統芸能からも、
海岸沿い、クタビーチから続く繁華街の喧騒や刹那的な雰囲気からも、
一面の緑、広大なライステラス(棚田)に吹く風からも、
プールの水面に映る樹木越しに差し込む強い光による色彩からも、
感じ取ろうと思えば感じられる・・・そんな空気感だったのかもしれません。
d0125535_192082.jpg
 (スミニャックからクタ南端のラマダ・ビンタン・バリ・ホテルまでジャランジャラン・・・)

確かにバリ島は不思議な島です。
自分の状態(精神、身体)が弱っている時はとことん悪くなる気がするし、逆に
バリ島と自分の波長がシンクロすればとことん楽しめるし、いろんなことに出逢える。
バリ島のリピーターになるか、1回きりの旅行者になるかはそんな感じで決まるのかも
しれませんね。
僕の弟夫婦にバリ島の良さを写真や話で勧めて行ってもらってみたものの、
楽しかったとは言ってもらえましたが、彼らは一度きりの旅行者になってしまいました。
聞けばあまり良いとは言えないことも多々あったようで・・・
d0125535_18582279.jpg
 (ホテル インペリアルのハス池)

今の世の中では明確に区分されてしまっている
善と悪、白と黒、陽と陰、神と悪魔、生活と信仰・・・それらが混在して今も島のここそこに、
そして人の心にもある。それがバリ島の面白さなのかもしれません。
d0125535_193240.jpg
 (満月と新月の夜にしか行われないアルマのケチャ)

そんなバリ島の雰囲気をこれからご紹介して行きたいと思いますが、
バリ島の空気感が伝わって、興味を持ってもらえれば嬉しい限りです。
海のリゾートには町歩きや買い物の楽しみ、ナイトクラビングにサーフィン。
山のリゾートには涼しい風、可愛い雑貨達、伝統芸能、アート鑑賞にトレッキング。
・・・楽しみ方はあなた次第、あなたならまず何をしてみますか?
d0125535_197820.jpg
 (ホテル インペリアルのプールで、プルメリア)

なお、写真は2002年5月の旅以降のものを使用していますが、当時のカメラはデジカメ
出始めのものだったりして、中には画質的に鑑賞に堪えないものもありますがご了承のほどを。
(使用機材:NIKON Coolpix E950、E5400をSILKYPIXで再現像処理)
今と比べて機材のスペックは確かに劣っているけれど、写真の構図やモチーフ、色彩感、
切り取ろうとした何か特別なもの・・・その辺は今と変わっていないと思います。
肯定的に考えれば良いことですが、逆から見れば何で撮っても一緒・・・進歩なしってこと?
d0125535_10442673.jpg
 (ホテル インペリアルのプールで、太陽の反射と波紋)

ま、その辺はあまり深く考えないようにして・・・お付き合いください。
本当は銀塩フィルム時代の写真もご紹介したいのですが、フィルムからの取り込みが
思うような結果を出せないのでこれはまたいつか実現したいと思います。
それから、行った場所、お店などの情報は過去のものなので、出掛けられる際は最新の
ガイドブックなどを購入して確認されるようお願いします。
d0125535_202253100.jpg
 (クタビーチのとろけるような夕陽)

それでは次回からもお楽しみに!

広告が入ってしまい申し訳ありません。(無視しちゃってくださいね)
[PR]

  by iwakura-t | 2010-09-20 17:00 | バリ島の想い出

バリ島の想い出・・・徒然なるままに(2)

徒然なるままに・・・ということでまずはバリ島の地図のおさらいから行きましょう。
※クリックすると大きな画面で開きます。
d0125535_1772794.jpg

バリ島の玄関口:空港は観光のメインとなるクタから程近いところにある
「デンパサール国際空港 正式名Ngurah Rai ングラライ国際空港」になります。
バリ島到着はだいたい夜の11時近く、到着した日はホテルで寝るだけになりますね。
ま、ハワイにように朝到着というのも、機内で眠れない人にとってはつらいだけですから。
海のリゾートに泊まる人は空港から30分くらいでホテル到着後チェックインとなりますが、
ウブドゥ周辺の山のリゾートに泊まる人はプラス1時間半くらい掛るので少し大変ですね。
送迎バスの中で簡単なレクチャーを受けたら、あとは眠って行きましょう。
d0125535_184285.jpg

地図を見る際に覚えておくと便利なのが、「Jalan ジャラン」という単語。
Jalanはインドネシア語で「通り」という意味です。
これを重ねて「ジャランジャラン」と言うと「散歩、ぶらぶら歩き」の意味になります。
d0125535_18453294.jpg
(旧インペリアル・ホテル、水盤いっぱいの花)

バリ島の交通事情はあまり近代化されていないので、現地ではガイドを雇うか、タクシー
での移動となります。オーストラリアの旅人はレンタカーやレンタバイクを利用して
いますが、日本人は止めておいた方がいいと思います。
僕らもきれい目のタクシーを見つけて時間貸しの交渉をしたり、ガイドを見つけて
車の用意をお願いしたりしていました。お金の交渉さえちゃんとすれば、怖くはありません。
d0125535_18465861.jpg
左からマディ・マデラ、僕、マルコのご主人、マディのおじさん、マディの弟

最後の2年くらいは日本からホテルの予約、ホテル間の移動、ピックアップ等をお願いできる
「バリ島旅行のコンシェルジュ バリスタイル」にお願いしていました。
バリスタイルのHp http://www.mydoo.com/
現地にも事務所を構えているので、急なトラブルにも応えてくれますよ。
毎回、専属ガイドを務めてくれたラトマジャ君、元気かなぁ?
d0125535_18495955.jpg
(ラトマジャ君のガイドでタンパクシリンへ)


さて、さて・・・前置きはこのくらいにして、まずは海のリゾートから行きましょうか?
d0125535_20415774.jpg

海辺のリゾートは大きく分けて2つ。
東側の海に面し、落ち着いた雰囲気のサヌールやヌサ・ドゥア地区。
一番の繁華街クタを中心にレギャン、スミニャック、クロボンガンまでのレギャン通り周辺地区。
d0125535_20465418.jpg
メルキュール・クタ・バリの屋上テラスから夕暮れのクタビーチを

お薦めは、スミニャックあたりの落ち着いたホテルに泊まって、夕暮れ前クタから
レギャンあたりに遊びに行く感じですかね?
クタビーチ周辺は本当に賑やかで、夜遅くまで楽しめるけど・・・。
あと、短いお休みだと街歩きやショッピングに日中から出歩いちゃうことも多いと思うけど、
日差しもきついので、日よけ対策と水分補給は忘れずに。
d0125535_2125482.jpg
パイナップルジュース・・・繊維質もたっぷりで美味しいです

移動をすべてタクシーにするか、日中はホテルのプールか海でゆっくりして、
夕陽が綺麗な時間に活動を開始するというのがベストだと思います。
d0125535_21271314.jpg
陽がこれぐらい翳って来るとだいぶ楽になります。

海に沈む夕陽は本当にきれい!その日の天候や季節によっても毎回色や大きさが違う。
d0125535_204465.jpg
地平線近くに雲が掛っていて、サンセットが見れないことも多いけど、日没前から日没後の30分は
夕陽の沈む海岸沿いがお薦めです。
d0125535_2043864.jpg

「クタ・レギャンの北に広がるスミニャックは、バリ島では比較的新しいリゾートエリア。
 大型の高級ホテルばかりではなく、最近人気のヴィラタイプのリゾートが増えていて、
 さらにスミニャックの北部に延びるクロボカン地区とともにリピーターの注目を集めている。
 緑豊かな広い敷地を、限られた人数で独占してしまう贅沢。建物もバリスタイルのオープン
 な造りで、心からリフレッシュできる雰囲気。落ち着いてカップルや家族だけの休日が
 過ごせるヴィラ。のどかな風景に包まれて、まさにスローライフという雰囲気の中での
 バカンス。あくせく観光せずに、ひたすら自由な時間を楽しむのが新リゾートスタイル。
 そんな旅行者のニーズに、スミニャックはぴったり似合う。
 アンティークショップなどオシャレな店が並ぶ周辺をぶらぶら散策してみるのも、この
 エリアに滞在する一つの楽しみかも知れません・・・。 」バリスタイルHPより

我が家のお気に入りだったのが「ホテル・インペリアル」でした。
今はオーナーが替わり「ソフィテル スミニャック」という名前になっているようです。
d0125535_20513655.jpg
インペリアルのヴィラへと続く門

「帝国ホテルがインペリアルとして開業したホテルをアコーホテルが買収、リノベーション
 を行っているので部屋もキレイになり新しく生まれ変わったホテルになりました。
 ビルディングの客室とビーチにヴィラもあり、ハネムーナーやカップルにも人気のホテルです。
 ヴィラはアウトドアにジャグジーまたはプライベートプールを持っています。
 レストランとスパも評判が高く宿泊客以外の人も訪れています。」
d0125535_20483574.jpg

特に勝手に「森のプール」と名付けたヴィラ棟にあるプールはタイルが濃いグリーンで、
周りの緑とマッチしてとてもゆっくりできる素敵な空間でした。
スミニャック自体も落ち着いた環境なので、海辺のリゾートでゆっくりするには良いと思います。
d0125535_2193880.jpg

ホテルから海へは道路も挟まずに行けるのでプライベートビーチ感が強いです。
ここまで来ると物売りの数も少なく、落ち着いた風情です。
d0125535_20533025.jpg

早朝の海岸も気持ちが良いものです。
d0125535_219154.jpg

ホテルの庭・・・スプリンクラーからはじける水しぶき!
d0125535_2111110.jpg

風に流されて行くガムランの調べ・・・ゆったりとした時間が過ぎて行きます。
d0125535_21124467.jpg

レギャンからスミニャックに掛けては有名かつ美味しいレストランが多いことでも知られています。
世界中から観光客が集まるので、バリ料理はもちろん、タイ料理、中華料理、日本食、イタリアン、
フレンチ、珍しいところではギリシャ料理なんかもかなりのクオリティで食べることが出来ます。
僕等のお気に入りは、
「Ketupat(クトゥパット)」「Made's Warung(マデス・ワルン)」「TERASE(テラス)」
「パンタレイ(ギリシャ料理)」「Copi Pod(コピポッド)」「La Lucciola(ラ・ルッチオラ)」などです。
d0125535_21554055.jpg
 チルアウト系の音楽もカッコいい、イタリアンレストランのTERASE(テラス)
d0125535_2056262.jpg
ちょっと暗いですが、Made's Warung(マデス・ワルン)
クタからは少々歩きますが、ガゼボも有って気持ちの良いレストランです。
d0125535_21571682.jpg
 素敵な雑貨屋さんBari Harum
d0125535_21574732.jpg
 La Lucciola(ラ・ルッチオラ)から眺める夕陽
なお、ガイドが個人的に連れて行きたがるジンバランのシーフードはビーチで夕陽を見ながら
その場で調理するバーベキュースタイルが自慢のようですが、お値段もかなり張るのでご注意を!


「全てにおいてパーフェクトにバリでバカンスを満喫する!これを叶えてくれるクタ・レギャン。
 多くの旅行者がここに集まる理由はここが一番にぎやかで、飽きることのないエリアだから。
 宿泊ホテルも高級リゾートから気楽に滞在できるリーズナブルホテルまで様々が整っている。
 もともとこのエリアはインド洋の豪快な荒波を求めてやってきたサーファーによって発展を
 遂げた町。かつて小さな漁村にすぎなかたったこの町に、サーファーが集まり、彼ら目当て
 の素朴なバンガローが建ちだしたのが1960年代。それ以降、クタ・レギャンはこうして
 世界中に知られるようになった。そして、いつしかサーファーだけのものではなく、海辺に
 楽園を求める若い旅人達の集まる場所へと変貌していった。」バリスタイルHPより
d0125535_21114641.jpg
少年よ、その波では物足りないと言うのか?
d0125535_212852.jpg
ボディーボードは女性だけでなく、男性にも人気があります。
比較的小さな波でも楽しめるからだと思います。
「えっ、キアヌ・リーブス?」のはずはないか。
d0125535_2122672.jpg
君はずいぶんと良い場所をキープしたね。
バリの犬はみんなこんな感じでルーズに生きています。
d0125535_2123842.jpg
沖合のサーファー、波の具合を気にしながら新たなポイントへ。

クタ・レギャン周辺ではクタの「ラマダ・ビンタン・バリ」やレギャンの「パドマ・バリ」を
使っていました。ハードロック・カフェの隣にある「メルキュール・クタ・バリ」にも
泊りましたが、ここは夜中まで大盛り上がりで・・・うるさくて眠れないホテルでした。
でも屋上にあるプールはとってもユニークで、すばらしいと思います。
d0125535_21412220.jpg

(水面近くからの視点だとプールの水面と海面がつながって見える)
d0125535_2105022.jpg
(夕陽が沈む時間になると徐々にプールにも人が増えてくる)
d0125535_2111744.jpg


サーフィンやボディーボードをするなら、クタの海岸からボートをチャーターして少し沖合いに
出るか、エアポート沖まで連れて行ってもらいましょう。
d0125535_2113391.jpg
出逢った頃は小学生の高学年くらいだったマディ。日本の女性が大好き!
僕も「ラマダ・ビンタン・バリ」前のビーチから沖に出てボディーボードをやっていましたが、
技量に見合わぬ大波に死にそうになったことも度々、そんな時友達が近くにいてくれると
すごく助かります。
d0125535_2128481.jpg
2005年のクタビーチ、大潮と低気圧の接近による大波が重なって大騒ぎした夏の日
d0125535_21283224.jpg
子供達も大波の行方を心配そうに眺めている
d0125535_21285475.jpg
マディの弟が子供たちに波の立つポイントを教えている
d0125535_2129782.jpg
・・・のかと思えば、
オージーのお姉さんが無謀にもビキニで波に挑戦しているのを追っかけていたというオチ。


あとは本人の腕次第ですが・・・ウルワツにはすごい波が立つそうです。
僕も崖の上の寺院から打ち寄せる波を撮ったことがありますが、すごいですね。
d0125535_20453468.jpg
ウルワツの寺院を引き連れて沈む夕陽
d0125535_2046035.jpg
ウルワツ寺院から見下ろした波
d0125535_20471028.jpg
厚い波が次々に押し寄せてきます。
波を見るだけに車を走らせる価値もあると思います。
そりゃ、ブルガリに泊まれるにこしたことはないけれど・・・。
d0125535_20472734.jpg
ウルワツ寺院でケチャも開かれているようですが・・・どこから人を集めてくるんだろう?
でも、ウルワツはしつけの悪い猿がたくさんいるので、帽子やサングラスにはご注意を!

クタ・レギャンのビーチサイドで忘れてはいけないのが「売り子さん」達ですね。
男性はサングラス、シルバーアクセサリー、タトゥー、凧から木彫りの置物、貝殻まで。
女性はバリ更紗、バッグ、ビーズアクセサリーといった物売りから、ネイル、三つ編み、
マッサージといった技術職まで、本当にさまざまです。
昔はフリーでやっていたようですが、最近は許可証がないと出来なくなったりしていて
それなりに大変なようです。観光客らしい人間がビーチに現れると、わらわらと取り囲み、
いろんなものを売りつける・・・それが煩わしいと思われる方も多いと思いますが、
そこは向こうも商売なので、興味がない時は「要らない!」と明確な意思表示をすれば
それ以上は付きまとわないと思います。
何日か滞在していれば友達になることも出来るし、いろんな話をしたり、情報をもらえたり
することも出来ます。
d0125535_20321874.jpg
ネイルに関してはクタ一番と評判のマルコと。
評判が良いだけあって、マルコ目当てのリピーターもたくさんいるそうです。
d0125535_20384275.jpg
マルコ繋がりで知り合った彼女はバリ島が大好きで、毎回3週間くらい滞在して行くそうです。
はじめはきれいな日本語が使えるクタっ子かな?と思ったくらいビーチになじんでいます。
ロスメン(安めのホテル)で宿泊費を抑えているそうです。
とても気さくに話してくれて、楽しい時間を過ごせました。また、いつか逢えるといいな。
d0125535_18475718.jpg
マルコがいないのでミキちゃんに代役をしてもらいながら、
「そりゃ、ないな!」と現地のおばちゃんの誘いを一蹴する日本人女性2人の図

夕方の海岸をジャランジャランしていて出逢った子供。
とっても楽しげなんだけど・・・
d0125535_21181940.jpg

そして、夕陽に向かうポーズと構図もばっちりですが・・・
d0125535_21195768.jpg
兄貴、何も履いてませんぜ!(全裸、全裸!)

さてさて、エネルギッシュで刺激的なクタ・レギャン地区、いかがでしたか?
(街中の写真がほとんどなくてもうしわけありません)
d0125535_2052058.jpg

僕らも当初はクタ・レギャン周辺に滞在していましたが、大人になるにつれてだんだんと
山のリゾートに惹かれるようになっていきました。クタ・レギャン周辺で遊ぶにはやっぱり
体力も気力も必要だからかもしれません。
そんな山のリゾート、ウブドゥ周辺の魅力は次回お伝えします。

では、また。
[PR]

  by iwakura-t | 2010-09-20 16:30 | バリ島の想い出

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE